FC2ブログ

ヌイグルマーZ

「大槻ケンヂさん」・「井口監督」・「高円寺」が気になっていたのと、
たまたま見たい人と予定があったので一緒に鑑賞してきました。
しょこたんについては詳しくなかったのですが、
ヌンチャクさばきが格好良過ぎて、正直焦りましたw

【予告編】


えっと、鑑賞前は『女性が見ても大丈夫なものか?』と疑問に思っていたのですが、
今回は大丈夫かと(^^;)
「片腕マシンガンガール」より、エログロ抑え気味だったので。
でも、エログロを笑いにできない女性とは行くべきではないですかねw

で、内容は素晴らしい特撮ヒーロー映画でしたね。
「電人ザボーガ」が素晴らしかったので不安はなかったのですが、
期待以上の作品でした。

電人ザボーガでは出すことができなかった要素がこの作品では表現されていて、
笑いつつもジーンと感動してしまう場面も多々ありました。

「ヒロインじゃなくて、ヒーローになれるの?」

この一言がやたらと印象深かったです。

女性を主役にしたものは、やっぱり「ヒロイン」になってしまう。
「ヒロイン」ではなく、「ヒーロー」に憧れる主人公。
どうやって、「ヒーロー」にするんだろうと考えながら見ていました。

鑑賞途中から、僕の中でヌイグルマーは「ヒーロー」でした。
ヒーローは強く、自分を犠牲にして守ってくれる。
そして、優しく人生の道を示してくれる存在。

ヌイグルマーはダメなところをたっぷりと見せてくれたので、
より一掃ヒーローする瞬間が格好良かったです。

なんだろうな、やっぱりしょこたんの力なのだろうか?
普通に昭和特撮の主人公みたいに見えてきたんですよね。
まぁ、もう一回みて確認してみたいです。

大槻ケンヂさん・井口監督・高円寺を好きな方は、
迷うことなく劇場に足を運ぶべき作品かと思います。
いろんな小ネタもあり、クスッとしてしまうところがたくさんありますよ!

といううわけで、2014年初映画館は大満足でしたね(>v<)

ガーディアンズ 伝説の勇者たち

日本未公開のCGアニメ映画です。
最近「パシフィック・リム」が人気なギレルモ監督が関わっています。

【予告編】


上記の予告編は日本語吹き替えですが、
キャスティングがやたらと豪華な作品です。

主役のジャック・フロストはクリス・パインさん。
最新のスタートレックでカーク船長を演じている俳優さんですね。
サンタはアレック・ボールドウィンさん。
イースターバニーはヒュー・ジャックマンさん。
トゥース・フェアリーにはアイラ・フィッシャーさん。
そして、敵役にはジュード・ロウさん!

みなさん演技が上手でそれだけでも楽しいですが、
夢の砂やカメラワークなどが素晴らしいアニメでした。

キャラクターはイースターバニーが好きでしたね。
(ヒューさんが演じていることも多分にありますがw)
いかつくて悪そうなのに、ちょっとしたことにビビる姿は可愛らしいです(^^)

妖精やサンタ、それらを信じることで生まれる夢。

大人になって信じている必要はないと思いますが、
子供時代には必要なことだったなぁと感じました。

そういう空想というか、妄想というか、信じる力って大人になってから必要で、
いろんなことを考えるためにも子供たちには楽しい不思議を信じさせてあげたいですね。

しかし、日本はアニメとか漫画が好きな人が多いのに、
古くから伝わる伝説をアレンジして作品にすることが少ないですよね。
無理矢理にオリジナルをつくるよりも古くから伝わる大事なことを
現代風に解釈した一般向け映画をつくってもらいたいですね。

クルードさんちのはじめての冒険

以前、テーマ曲がowl cityということで少し紹介していたのですが、
日本未公開ということで、レンタルされるまで待っていました。

絵柄的にも日本では人気がでないのはわかりますが、
やっぱり劇場で3Dで見てみたかったと思う映像美でした。

【予告編】


ストーリーや全体の流れはイマイチな感じもしましたが、
要所要所ではえらく感動させられました。
キャラクター数を少なくしたことで、すんなりとキャラクターを
好きになれたからかもしれません。

テーマ的には「親娘問題」・「思考の仕方」となっていて、
良い面、悪い面をきちんと教えてくれる作品かと。
なんだか、新しいことに向き合えないときに見るといいかなと思いましたねぇ。

声については、エマ・ストーンさんやライアン・レイノルズさんよりも
コミカルなニコラス・ケイジさんが良かったですねぇ。
声を演じているときの顔が頭に浮かんで、笑ってしまいそうでしたw

ドリームワークスのアニメは日本未公開になることが多く、非常に残念です。
ピクサーやジブリに負けないくらい面白い作品が多いので、
是非ともみなさんにも見てもらいたいです。

HK 変態仮面

映画館に行こうか迷っていたら上映が終了し、
その後はなぜか観る気がおきず放置していました。
が、映画館に行けば良かったですね。

【予告編】


原作をきちんと読んでいなかったのですが、
漫画をきちんと実写にするとこうなるのだと感心しました。

姿も動き方も素晴らしかった。
特に肉体美はすごかったです。
あんまり筋肉は好きではないのですが、変な格好でも格好良くて、
びっくらしましたねぇ。
そして、まさかの安田さんの半裸を拝めるとはw
変態っぷりもお見事!!w

なんか、色々とたまらん作品でした。
スパイダーマンをもろに意識していたところも、
ギャグだと思えば許せましたしね。

というわけで、漫画を少し読んでから観るといいと思いました。

攻殻機動隊ARISE border:2 Ghost Whispers

「攻殻機動隊ARISE」第2段、しれっと行ってきました。
アクションとロジコマが格段に良くなっていたと思います。

【予告編】


今作からでも鑑賞できると思いますが、
やっぱり続きものなので前作は観ておいたほうがよいでしょう。
あと出来るのであれば、可能な限りネットの知識を詰め込んでいくとベターです。
というのも、今作はネットがストーリーで重要な部分なので、
あまり知識がないとわけがわからなくなってしまうと思います。

コンピューターの動作とか、ウィルスとか、
そんな感じのことを勉強していくと良いです。

で、ストーリーは個人的にはイマイチでした。
なんだか、過去の良い部分をどうにか新作にも詰め込もうとした感じがしたので。。。
悪くはないのですが、またこういう感じかぁとなりました。

アクションは格好良かったですね。
銃撃戦やカーチェイスなどが盛りだくさんで、
PSゲームの視点っぽい部分もあり、つい嬉しくなってしまいました。
これは今後も期待できそうですね!

ネットの描写も抽象的過ぎるかと思いましたが、
美しい場面が多かったですね。
ネットがあんな世界なのであれば、入ってみたくなりますw
が、やっぱり、よくわかっていないと面白くないかも(^^;)
漫画やSACは説明が長いのがデメリットですが、きちんと理解できるようになっていました。
今作は「そういう説明はもういいでしょ? パンフレットとか、別媒体で補完してね!」
という印象です。

最後に、SACのサイトウが好きだったので、ARISEのサイトウは色々とショックでした。
漫画に近くなっていると思うのですが、なんだか寂しかったです。
プロフィール

negyu1220

Author:negyu1220
おはようございます、
こんにちは、
こんばんは。

よく映画を見る人生なので、
感想文や紹介文を
書いてみています。

たまに自分のことも書きます。
プロフィール的なものは
カテゴリの
「自分について」を
見てください。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセス数
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR