FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールド・ウォー Z

すっごく期待していたけど、
すっごく残念な気持ちで劇場を出てきました。。。。

【予告編】


巷では宣伝について論争が起こった作品。
ゾンビ映画なのにゾンビを出さない宣伝は間違っていると争っていましたが、
観て思ったことはこれはゾンビ映画ではないってことです。
この作品はパニック映画だったと思います。
で、パニック映画にしても薄っぺらくて、なんも感じなかったです。

宣伝にある家族愛もそこまで表現されていないですし、
人間の醜い部分はいっさい出さず、みんないい人でみんなヒーローっぽい。
ブラッド・ピットさんはかっこいいですけど、
格好良過く描かれ過ぎで、なんだかなぁという感じでした。

僕は原作を読んでいません。
原作を読んだ兄から話を聞いただけです。
でも、原作を完全に無視した作品だった気がして、
さらに残念な気持ちになりました。
これで世の中がゾンビブームになっても、ちっとも嬉しくないです。

ゾンビ映画に必須な決断がないのです。
例えば、恋人がかまれてしまってゾンビに変異していく、
撃ち殺すべきなんだけど、撃てない。
でも、かまれそうになって。。。。
さぁ、どうする!!
そういった展開が皆無でした。

あと、さっきも書きましたがみんないい人なんです。
こんなにパニックな状態にも関わらず、みんないい人なんです。
いい人が悪人になる、そんな世の中になるんだ!
という戒めもない。
まぁ、これは出てくる人物がみんな兵士だったり、
偉い役人さんだったりするせいかもしれませんが、
僕はそんな人たちも極限状態ではクレイジーになってしまうのが観たかったのです。
そんなにきれいに物事が進む訳ないと思っていたから。

悪いことしか書かないのも、あれなので良かった点を。

まずオープニングから序盤はとても良かったです。
ニュース番組や肉食動物の映像を流してちょっとした説明をする演出は
観ていてワクワクしました。
そして、日常から一気にサバイバル状態に変異していく過程も迫力があって、
良く出来ていたと思います。

映像は迫力があるので、映画館でみた方が面白いかと思いました。
やっぱり、予告編にあるゾンビがゾンビを踏み台にして壁を登るシーンは、
うわ〜、やばいな逃げようがないじゃん!と絶望できました。

今作、家族全員で鑑賞したのですが、
ゾンビ映画を家族全員で見れるように落とし込んだ点も良かったと思います。
(そのせいでグロいシーンや怖いシーンはほぼないですが)

あんまりホラー映画やゾンビを観たことがない人はきっと楽しめる作品です。
カップルで見たって、きっと盛り上がれる作品だと思います。
が、そこで終わらないで頂きたいです。

ゾンビ映画にはもっと素晴らしい作品があります。
まずは「28日後」やリメイク版「ドーン・オブ・ザ・デッド」を見てみてください。
上記2作品はスピーディーかつエンターテイメントもしっかりしているので、
ゾンビを知るにはいい作品です。
(28日後はゾンビとはちょっと違いますが。。。)
そして、それが気に入ったらロメロ監督のゾンビ映画を見てみてください!
「あ、ワールド・ウォー Zはゾンビ映画でも亜種な作品だったんだな」
とわかるはずです!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

negyu1220

Author:negyu1220
おはようございます、
こんにちは、
こんばんは。

よく映画を見る人生なので、
感想文や紹介文を
書いてみています。

たまに自分のことも書きます。
プロフィール的なものは
カテゴリの
「自分について」を
見てください。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセス数
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。