スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハル HAL

ロボットと一人の少女の交流を描いた中編アニメーションです。
ロボットと人の交流は大好物なので、鑑賞していきました。

【予告編】


えっと、すごく残念なことから。
ストーリーに対して、時間が短すぎる。
もっと長くして、描写を増やして欲しかったです。
それが残念なことでした。
いきなりダメなことから書きましたが、
作品が良かったので、もっと見ていたかったのですよ。

色合いも良かったですし、ロボハルが一生懸命なところもいいですし、
登場キャラクターのおばあちゃんたちも好きです。
だから、もっと見ていたかったです。
でも、限られた尺の中で出すべきことは全て出してくれるので、
短いからダメということではありません。

まぁ、いろいろと疑問に思うこともたくさんある映画ですが、
純粋な気持ちで物語に没入していれば、それを気にしないでいられる作品です。
すべてを説明したり、矛盾がない作品だけが素晴らしい作品ではないのです。
というか、この作品はそういったことに重点を置いていないのでしょう。

でも、ほんとに悔しいですね。
こういう作品はきちんと長編にして欲しいです。

内容に触れていないので、書いていきたいと思います。
でも、ちょっと書くのが難しいのです。
というのも、ネタバレしてしまうと作品がつまらなくなるんですよね。。。
ということで、あんまり当たり障りのないことしか書けません。
お許しください。

ひとりの少女にもう一度生きて欲しい、
その願いを叶えるためにひとりのロボットが人間になる。
もちろん、最初はくるみに拒絶されます。
「ハルそっくりのロボットなんて、頼んでない」と。
でも、それでも一生懸命ロボットハルは頑張ります。
ルービックキューブに書かれたくるみの願い事をひとつひとつ実現していくんですね。
願い事がルービックキューブに書かれているのも、すごく良い演出だったと思います。
完成させないと、きちんとわからない。
あんまり描写はないですが、きっとルービックキューブと悪戦苦闘したんだな。。。
と考えると胸が熱くなりました。

ただ、くるみの拒絶はあっという間になくなります。
これは作品を全部観た後だと、あぁ、そういうことだったのかと思いますが、
はじめは尺が短いせいだと思っていました。
これもうまい演出でした。(というか騙されたに近いかな)

で、だんだんとわかっていくハルの過去とくるみとの出来事。
それに戸惑うロボットハルがいちいち可愛いくて、
なんだこの野郎となりましたw

そして、ハルの過去やくるみとの出来事を知って、
ロボットハルはくるみとどう向き合っていくのか、

そんな、ロボットハルを手助けしてくれるのが、
くるみの祖父やドクター、ケアセンターのおばあちゃんたちです。
くるみの祖父は渋い感じですが、他のみんなは和気あいあいとした感じで、
軽〜い感じで手伝ってくれます。
それがほんとにほんわかとしていて、
こんな年配の人達と友達になりたいと考えてしまったくらいです。

そして、ハルの旧友リュウの登場によって、
くるみとロボットハルはピンチに。。。

くるみとロボットハルの結末は、ご自身で見てください。
長い作品ではないので、感動したいときにさらっと見て頂きたいですね

人は大切なものを失ったときに、どのように向かい合うべきか。
そういったことを教えてくれる素敵なアニメーション作品です。

公開している劇場は多くはありませんが、
ぜひとも劇場に足を運んでみてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

negyu1220

Author:negyu1220
おはようございます、
こんにちは、
こんばんは。

よく映画を見る人生なので、
感想文や紹介文を
書いてみています。

たまに自分のことも書きます。
プロフィール的なものは
カテゴリの
「自分について」を
見てください。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセス数
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。