FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華麗なるギャツビー

トビー・マグワイヤさんとデカプリオさんの共演だったら、
観に行くしかない!。。。と思ってたら、母が試写会を当ててましたw
というわけで、みてきました〜

【予告編】


僕は村上春樹さんの訳で原作を読んでいたので、
けだるい感じの青年がたんたんと語っていくイメージでした。
なので、ちょっとイメージと違いましたねぇ。
やっぱり、映画のほうがドラマチックでした。

で、全体でみるとバズ・ラーマン監督節が全開の映画でした。
「ムーラン・ルージュ」が好きな人は今作も気に入ると思いましたね。
ただ、豪華なんですが地味な印象の作品でした。
これは良くも悪くもあるなと思いました。
原作も言ってしまえば地味なんですよ。
だから、原作をよく描いていると言えます。
が、映画としてみていると今、映像化しなくても良かったかな〜と。

テンポとか現代風にアレンジはしているのですが、
それが悪い印象になってしまいました。
特に前半。
なんか、とっちらかってるんですよね〜。。。。
中盤からスピードダウンして、少しテンポ悪くなりますし(^^A;)

でも、つまらないというわけではありません。
やっぱり、話は面白いですし、飽きる時間はありませんでした。
ただ、もっとこうして欲しかったとか、
ここはこんなに時間使わなくても。。。
とかいらぬ願望を考えてしまっただけですw

原作の持っている豪華さと哀愁はとても良く再現しています。
だから、原作を読んでいなくても楽しめると思いますし、
むしろ読んでいないほうが楽しめるかと思いました。
「華麗なるギャッツビー」はほんとに名作です。
だから、この機会に触れてみるのはとてもいいと思いますよ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

negyu1220

Author:negyu1220
おはようございます、
こんにちは、
こんばんは。

よく映画を見る人生なので、
感想文や紹介文を
書いてみています。

たまに自分のことも書きます。
プロフィール的なものは
カテゴリの
「自分について」を
見てください。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセス数
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。