FC2ブログ

ONCE ダブリンの街角で

今更ですが、休日の朝に見てみました。
素晴らしくて、サントラをすぐに借りてきました!

【予告編】


ラブストーリーと予告編では言っていますが、僕は恋愛とは違った気がしました。
お互いの寂しさに惹かれ合って、それを埋めることができる存在に出会い、
心を通わせた男女。
これだけ書くと恋愛ものですが、なんだかしっくりこないのです。
お互いにもう心に決めている相手はいて、その人とは会えない状況。
その状況下から抜け出すために必要な存在だったのだと思う。

本編のあとにどう発展していくのかは、見た人まかせな作品です。
僕はこれが一時的な深い関係で、恋愛に発展することはないと感じました。
特に女性は迷いはあるものの決めていたし、男性はそれを無理に壊すようなことを
しない人だろうから。

お互いのことは好きだし、発展させみたいと考えている場面はありましたが、
仲が良い人たちで「もう一緒に住んでしまおうか?w」と会話している感じかと。

まぁ、壮大な話ではないので、ストーリーはこんなものですかねぇ。

で、音楽。。。
素晴らしくて、サントラ聞いていたら泣きそうになりました。
第80回アカデミー賞歌曲賞に選ばれたのも納得でした。
静かな情熱を感じる曲はどれも素晴らしくて。
とりあえず、受賞曲を貼っておきます。

【Falling Slowly】


サビの歌詞がすごく気に入りました。

"Take this sinking boat and point it home
(この沈みかけたボートで家に向かおう)
We've still got time
(まだ時間は残っているからさ)
Raise your hopeful voice you have a choice
(キミが選んだ道だから、希望の声を上げよう)
You'll make it now"
(きっとできるはずさ)

これを読んでも、普通な歌詞だと感じると思います。
が、劇中で聞くと胸がジーンとしますよ。

スポンサーサイト



マイティ・ソー/ダーク・ワールド

ついにマーベル・シネマティック・ユニバース フェーズ2 第2弾
「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」を鑑賞してきました〜
映画としての面白さでいえば前作のほうが良かったですが、
今作はフェーズ2の拡がりを楽しむ作品でしたね。

【予告編】


前作は1作目ということもあり、ソーを知らない人、マーベルに詳しくない人にも
楽しめるように作られていて、ヒーロー映画としてもド定番な話でした。
が、今作は「マイティ・ソー」・「キャプテン・アメリカ」・「アベンジャーズ」を見ていないと
ちょっと理解が難しいかもしれません。
続き物なので仕方ないですが、今作から見てみようと考えた人にはハードルが高いかもしれません。
もし見てもよくわからなかった人は、上記3作品をレンタルしてみて頂きたいです。

今作の見所は義弟「ロキ」が仲間になると宣伝されていますが、
それだけではなかったです。
親子・恋人・仲間・兄弟、これらすべての絆を楽しむ映画でしたね。
これはロキが人気急上昇しているせいだったのでしょうが、
ソーを中心とした人間関係が楽しい映画なのです。
決してロキが中心ではないのですよw

アメリカンな笑いも満載ですし、
なによりも前作は片田舎での戦いだけだったのが、
すごいパワーアップしたラストバトルで凄かったです。

マン・オブ・スティールとは違ったスピーディーなバトルは
映画館でみた方が興奮できるでしょう。
そして、ムジョルニアに激しく愛着を持つことでしょう。
なんて、けなげなハンマーなんだろうか、ムニョムニョw

「ソーが弱くなってね?」という意見がありますが、
そんなことはないのです。
今作の敵が使ったある武器が強大なだけなんですよ!
コミック読んでいる方はわかっていると思いますが、
映画だけを追いかけている人、きっと後で理解できると思うので、
飽きずに追いかけ続けてください!

フェーズ2の残りは「キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー」、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」。
そして、「アベンジャーズ2 エイジ・オブ・ウルトロン」。

フェーズ3は「アントマン」から始まるのかな?

他のマーベル映画は「X-メン デイ・オブ・ザ・フューチャーパスト」、
「アメイジング・スパイダーマン2」が控えていますねぇ(^v^)

ますます盛り上がってきているマーベルヒーロー映画、
全部追っかけていきたいと思いますよ!


プロフィール

negyu1220

Author:negyu1220
おはようございます、
こんにちは、
こんばんは。

よく映画を見る人生なので、
感想文や紹介文を
書いてみています。

たまに自分のことも書きます。
プロフィール的なものは
カテゴリの
「自分について」を
見てください。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセス数
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR