FC2ブログ

ウルヴァリン:SAMURAI

日本が舞台のウルヴァリン映画!
あんまりミュータントは出てきませんでしたが、
ウルヴァリンの映画としては良く出来た作品でした。
それに次の「X-MEN」映画がすっごく楽しみになりました。

【予告編】


今作は「X-MEN: ファイナル ディシジョン」の後日談です。
正直「X-MEN: ファイナル ディシジョン」はあんまり好きではなかったので、
なかったことにして欲しかったのです。
が、見ていたら許せてきましたw
というのも、あれがなかったら今作に繋がらなかったから。

最近よくあるヒーローが悩んで、事件に巻き込まれてヒーローとして再起する。
言ってしまえばそれだけの映画なんですが、
ウルヴァリン好きにはたまらないつくりだったと思います。

ウルヴァリンを捨てた孤独なローガンが、再びウルヴァリンに戻る。
そのきっかけになるのが2人の女性、マリコとユキオ。
そして、身体に異変が起き、はじめて経験する修羅場。
そんな状況にも関わらず命を狙われるマリコを守るウルヴァリンは、
すっごくかっこいい。
身体に異変があるにも関わらずタフすぎるだろうと思いましたが、
途中で戦うヤクザも人間とは思えないくらいタフだったので、
なんだか許せましたw

【嫌だった点】
先に書いておこうかとw

①ジーン
まず、ジーン・グレイを皆さんは覚えていますか?
「X-MEN」でサイクロップスの恋人として登場したテレキネスを
ミュータント能力を持った女性キャラです。
はい、彼女は間違いなくサイクロップスの恋人でした。
が、なんでか「ウルヴァリンの恋人」とパンフに記載されてました。
なんでだよ!
確かにジーンとウルヴァリンは惹かれ合ったけど、サイクロップスを選んだじゃん!
も〜〜〜〜〜〜、そういう設定を変更するのはやめてください!

②ラスボス
予告編とか、リーク画像見ていて不安になっていたのですが、
見事に想像通りでがっかり。。。
いや、前作のデットプールよりは許せましたけど。
なんか、もう、なんでそうしてしまうんだよ???
ってなりました。。。

③地理
これは海外で撮影している映画にも言えることなんでしょうが、
地理がおかしいことになってましたw
日本で知っている場所が結構でてくるので、気になってしまいました。

【俳優さんたち】
・ヒュー・ジャックマンさん(ローガン/ウルヴァリン)
もう何も言うことはありません、彼がウルヴァリンでいいです。
身体もウルヴァリンみたいに筋肉もりもりで、顔も年をとってよりウルヴァリンになっていました。
このまま老人になったウルヴァリンの話まで映画化して、主演してください!

・真田広之さん(シンゲン)
なんだかいつもより、大きい気がしました。
筋トレしたんですかね?
出演シーンは多くはないですが、存在感ばっちりです!
一人称が「ワシ」と言ったときは、すっごくびっくりしましたw

・TAOさん(マリコ)
予告編で見ていたときも思っていましたが、アメコミ顔だなと。
ウルヴァリンに守られる女性ではありますが、きちんと芯があり、
強い女性をきっちりと演じられていました。
今後もなにかしらの映画で演技を見てみたいです。

・福島リラさん(ユキオ)
すっごくアメコミ顔で、アクションも初めてとは思えないくらい良かったです。
奇抜なファッションでも違和感がなかったのには驚きましたw
で、ちょっと生意気なんだけど、情に厚いキャラをしっかりと表現されていました。
個人的には今までのX-MEN映画の中で一番好きな女性キャラかもしれません。

【アクションについて】
まず、福島リラさんのアクションが素晴らしかったです。
トリッキーに飛び回って戦う姿は、普通に格好良いなと思いました。
はじかれた刀をさっと取るところは、おぉっとなりました。

ヒュー・ジャックマンさんは新幹線の上でアクションするシーンがオススメと
インタビューで語っていましたが、
僕は真田広之さん演じるシンゲンとのチャンバラシーンで大興奮しました。
もうね、二人とも格好良過ぎ!!
パンフレットを読むと、真田さんは全てアダマンチウムの爪にあたる寸前で
剣を止めていたと書いてあり、さらに興奮w
いや、もうほんとにあの戦いはオススメでございます。

【日本の表現について】
今まで見てきたハリウッド映画の中で一番近代日本を描いていた気がします。
勿論、アメコミ映画なんでむちゃくちゃなところもありますが、
ラブホやパチンコ、新幹線。
あぁ、きちんと表しているなぁと感心してしまいました。
さすが、ヒューさんが頑張っただけはあるなと。
そして、そんなヒューさんが更に好きになりました。

【今後のX-MEN映画への期待】
マーベル映画ではおなじみのエンドロール後に一ネタがあります。
もうね、そこはX-MEN映画を全部観てきた人にとっては大興奮する展開なんですよ。
僕はギャーって叫びそうになりました。
だって、「X-MEN: デイズ・オブ・フューチャー・パスト」に繋がるんですもん。
ちなみに「X-MEN: デイズ・オブ・フューチャー・パスト」には「X-MEN ファーストジェネレーション」と
「X-MEN」3部作のキャストが揃って出演します。
どういうことか、わかりますね?
というわけで、今後のX-MEN映画から目が離せないですよ!
(サイクロップスの扱いは改善してもらいたいです。)


スポンサーサイト



エリジウム

試写会に行ってきました。
面白いのですが、なんだか消化不良な映画でしたね。
「第9地区」と比べると、突貫工事な出来だったと思います。

【予告編】


今作は「第9地区」のニール・ブロンカンプ監督最新作です。
マット・デイモンさん、ジョディ・フォスターさんの出演が大きく宣伝されてますね。

ですが、シャールト・コプリーさんが出演していることに
なんにも触れられていないのが残念でした。
シャールト・コプリーさんは「第9地区」の主役の俳優さんです。
「特攻野郎Aチーム」(リメイク版)にも出演されています。
まだ知名度がないので仕方ないのはわかるのですが、、、

で、映画自体の話。
設定や武器、街の情景や出てくる機械、どれも素晴らしかったです。
それに現実にある問題を未来ではどうなっているか、
そういった点もうまく表現されていました。

が、すべてを上手く説明できてなかったのが残念でした。
なんといえばいいのかわからないのですが、
なんだか雰囲気でカバーしている箇所が多かった気がするんですよね。
「第9地区」では見ていればすんなりわかるようになっていましたが、
今作は細かいことは気にするな!という感じのつくりなんです。
それでいいじゃないと感じる方も多いと思いますが、
個人的には残念な気分になりました。

あとパワードスーツの性能がイマイチわからなかったです。
まぁ、パワードスーツなので圧倒的に強くなるわけではないと思っていましたが、
なにがどう強化されているのか、見ていても理解できなかったです。
「パワードスーツ着けるとこんなことできちゃうんだよ!」的なシーンが欲しかったです。

ストーリーも偶然が重なり過ぎだったのが残念ですね。
主人公に不幸が起こる→どうにかしようとやけくそになる→なんだか、でっかいことに
首を突っ込んでしまっていた。
という感じの展開は、なんだかなぁと。。。
いや、そうならないと話が進まないのもわかるのですが、
ある意味で主人公が幸運過ぎて、微妙な感じ。
あ、これは「ワールド・ウォー・Z」に似た気分かもしれませんw

社会問題、パワードスーツ、ビームシールド、レールガン、
ロボット、スペースコロニー。
どれも僕が好きなモノではあるのですが、それだけにもうちょっと丁寧に作って欲しかったです。

話は変わりますが、この監督に大友さんの「AKIRA」撮ってもらいたいなと思いました。
あの荒廃した東京を上手く描いてくれる気がするんですよね。



マン・オブ・スティール

やっとこさ観てきました。
さすがザック・スナイダー監督作品!
やっぱり、ザック監督の映画好きです(>v<)

【予告編】


タイトルは「マン・オブ・スティール」ですが、
これはスーパーマンのリブート映画です。
って、みなさん知ってますよねw

あのスーパーマンをザック・スナイダー監督が作ったとなれば、
絶対に面白いだろうと期待しておりました。
(ノーランさんが関わると聞いたときは、少し不安になりましたがw)
鑑賞した結果、いやアメコミ映画の中で一番コミックしている気がしました。

正直、たるいなぁ〜と感じるところは多々ありましたが、
父との交流に涙したり、戦闘シーンでは鳥肌になったり、
SF映画としても出来が良く、素晴らしいアメコミ映画だったと思います。

たるいと書きましたが、これはクラーク・ケントがスーパーマンになっていく過程を
描いているので仕方のないことだったと思います。
なんでしょうね。。。感動しましたし、良かったのですが、
スーパーマンなのでもっと明るい感じが良かったなと思ったのです。
なんとなく、ノーランさんの影がちらついて微妙な気分になったのかもw

【2人の父親】
ラッセル・クロウさんとケビン・コスナーさんが演じると話題になりましたが、
正直ラッセル・クロウさんは微妙でした。
なんか、活躍し過ぎのかっこつけ過ぎで、なんだかなぁという感じ。
ケビン・コスナーさんは最高でした。
出演シーンこそ少ないですが、2カ所ほど涙がでてしまいました。

【アクションシーン】
これ、今までのアメコミ映画で一番良かったです!
もう鳥肌になりまくり!
さすが、ザック・スナイダー監督!
ビル壊れまくるわ、動きが漫画ちっくでかっこいいし、
パンチするときとか、飛ぶときにでる衝撃はがいちいちかっこいいし、
もうね、アクションシーンを見るためだけにIMAXに行きたいくらいです!
こんなスーパーマンを見たかったんですよ〜
それが叶うなんて。。。。
いい時代に生まれたものです。

ただ、次作が心配になりますね。
もう今作が良過ぎて、次はバットマンと共演すると宣言されておりますが、
いったいどうやるんだ?
こんな派手でパワフルなアクションをバットマンができるわけないので、
いったいどう落とし込むのだろうか。。。と不安でいっぱいになりました。
ですが、ザックさんのことです。
きっと、僕が想像もできない見せ方をしてくれることでしょう。
不安になるだけでなく、期待して待っていようと思います。

【ロイスについて】
ヒロインのロイス・レインはエイミー・アダムスさんが演じています。
エイミー・アダムスさんは好きなのですが、
僕にはあんまりロイス・レインっぽくなかったかなと思いました。
というか、あんまり1作目からラブロマンス入れなくてよかったです。
なんだか無理矢理入れこんだ感があってイマイチでしたねぇ。
徐々に仲良くなっていく展開にして欲しかった。

【敵について】
今作の敵はゾット将軍です。
これは、とてもいい感じに仕上がっていたと思います。
てか、設定が良かったですね。
悪いヤツなんですけど、同情してしまうようになっていました。
ある目的のために必死なのですが、それに理由があるという部分が涙でした。

【クラーク・ケント(スーパーマン)】
ヘンリー・カヴィルさんが演じています。
正直に書くと、「誰?」というのがはじめの感想でしたw
「スターダスト」でハンフリーというキャラを演じた人なのですが、
印象に残っていなかったです。
「インモータルズ -神々の戦い-」で主役を演じてもいます。
が、僕見ていなかったんですよね(^^;)
今度、見てみようと思います。

で、彼は素晴らしかったです。
困った顔をしながらの笑顔はとても素敵でした。
悩んでいるけど、もう心は決まっていて、
あとは周りの判断に任せる。
そして、僕はどんな結果でも受け止める!
そんな雰囲気がヒシヒシと伝わってきました。

スーパーマンって、存在は知っているけど内容を知らない。
という人はこの機会に観に行ってください。
どうして、こんなにスーパーマンが愛されているのか、
ということがきっとわかると思います。

なんだかダークっぽいスーパーマンは嫌と思っている方、
確かにダークな部分はオススメできませんが、
アクションシーンで帳消しになりますよ。
コミックや絵を見て動くところを想像していると思いますが、
想像以上のアクションがスクリーンに映し出されます。


プロフィール

negyu1220

Author:negyu1220
おはようございます、
こんにちは、
こんばんは。

よく映画を見る人生なので、
感想文や紹介文を
書いてみています。

たまに自分のことも書きます。
プロフィール的なものは
カテゴリの
「自分について」を
見てください。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセス数
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR