FC2ブログ

コミコン 2013 マーベル・コミック情報

最近、マーベルネタを書いてなかったなぁ。
ということで、個人的に気になった情報を集めてみました。

長くなると思うので、
気になる方は「続きを読む」をクリックしてください(^^)

続きを読む
スポンサーサイト



ロボット

ネットでインド映画がえらいことになっているという記事で知りました。
動画は色々と見たのですが、本編を見たことがありませんでした。
というわけで、兄に借りてみてみました。

コメディなんだか、シリアスなんだか、、、
僕はあんまり楽しめなかったです。

【予告編】


そもそもインド映画をあんまり見たことがなかったせいか、
ノリについていけませんでした。

突然のダンスシーンは結構好きでしたが、
なんだか話の流れがダメでした。

インド版「ターミネーター」のような、
「アンドリューNDR114」みたいな感じの映画かな?

でも、なんかイマイチな印象になりました。
作り込んでるように見えて、内容が薄かったです。
いや、それがインド映画の良いところなのかもしれませんが、、、、

そう考えると、僕にはインド映画は向いていないのかもしれませんね。

なんだこりゃwwwと笑いたい人にはいい作品かもしれません。
良くも悪くもインドのノリだからです。
ちょっと異国のノリを知りたい方、是非とも見て感想を教えて欲しいです。

それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ

友人が「見たいけど、一人では行けない。」
と言っていたので一緒に見てきました。

幼児向けではありますが、きちんとメッセージがあり、
大人になった今見ることができて良かったですし、
普通に面白かったです。

【予告編】


アンパンマンを見るのは何年ぶりかわからないくらいに
時が経っていることを痛感しました。
というのも増えているメインキャラを知らなかったからですw
それでも、普通に楽しかったですね。

なんど練習しても上手くいかない、
だから諦める。
他のことも練習が必要とわかると拒絶してしまう。

これって、大人になる過程で何度が経験することですよね。
そんなことを子供にわかりやすく説明してくれる映画でした。

そこで、アンパンマンが優しく「諦めるのは良くない」
とアドバイスするんですよね。

もう、ここで感動してしまいました。
これを高校や中学のときに鑑賞していたかったと。
いろんなことに挑戦できたはずなのに、
はじめから諦めていた自分に見せたかったです。

大人になってしまった僕は、
挑戦できることが減ってきてしまいました。
でも、できることは挑戦するべきだと、
やなせさんから叱ってもらえたような気がしました。

観賞後はなんだか胸があったかい感じがして、
もっと前向きになろうと思えました!
やっぱり、アンパンマンは素敵なお話が多いですね(^^)

みなさんも幼児向けだからと思わず、
試しに見てみてください!
きっと、いろいろなことを感じることができると思います。

ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則

映画ではなくアメリカのドラマなのですが、
とても面白いので記事にしてみました。
4人の男性オタクと向かいに住む普通の女性が繰り広げるコメディドラマです。

兄に紹介してもらったのですが、
アメコミ・SFが好きな僕にはぴったりな作品でした。

どんな感じか説明するよりも見てもらうほうが早いと思うので、
Youtubeで字幕が付いていたものを載せておきます。

【シーズン2 15話より】


電話で話していた眼鏡の男性がレナード。
説明的な話し方をしているがシェルドン。
歌をうたっているのがラージ。
ドラムをしているのがハワードです。
そして、途中で入ってきた女性がヒロインのペニーです。

レナードとシェルドンがルームシェアをして生活しているのですが、
第1シーズン1話でペニーが向かいに引っ越してくることから
話ははじまります。

ちなみにレナードは物理学の研究者、
シェルドンは物理学博士、
ハワードは応用物理学のエンジニア、
ラージは宇宙物理学を研究しています。

4人ともスタートレックやスターウォーズといったSF映画、
バットマンやスーパーマンなどのアメコミが大好きです。
なので、たまにコミックや映画について科学的におかしい
といった議論を繰り広げたりします。

そんな4人とペニーは、向かいに住むよしみで仲良くなっていきます。
ちなみにペニーはごく一般的な役者を目指す女性です。

アメコミやSF映画、科学のどれかが好きな人にはオススメです。
4人の専門的な用語を駆使した会話は聞いているだけで幸せになれますw

中でもシェルドンの存在がずばぬけて面白いです。
彼がこのドラマの面白さを引っぱっているといえるでしょう。
というのも、常に冷静に分析し、皮肉をいい、人を馬鹿にし、
潔癖性で、何事も自分のルールに基づいて行動するからです。
ちなみに笑顔が苦手で、無理にわらうと顔が痙攣してしまいます。

そんな彼もたまに人をからかうのですが(特にレナード)、
引っかかった人に笑顔で「バジンガ」と決め台詞を言います。
これはシェルドンの言葉としてアメリカで認識されていて、
人気があるようです。
(たぶん、見たら誰かに言いたくなりますよw)

シェルドンが人の部屋を訪れる時も決まりがあります。
ノック→名前を呼ぶをリズミカルに3回繰り返します。
これもだんだんと面白く感じてくるんですよねw

はじめ、ペニーは困惑したり怒ったりしますが、
慣れてくると応酬したりするのも見所の一つです。

とまぁ、シェルドンに関することばかり書いていますが、
メインはレナードとペニーの恋愛なんです。
というのも、ペニーが引っ越してきたときにレナードは
一目惚れしてしまうんですよ。
それが話のメインストーリーとなります。

で、くっつきそうになったり、ケンカしたり、
そんなことを繰り返すのですが、
それとは別にシェルドンやレナードの家庭話があったりします。

色々と書きたいのですが、書くことがまとまらないので、
ここら辺でやめておこうと思います。

恋愛コメディとしても面白い作品だと思うので、
時間があるときに手を出してみてください。

アメコミ、SF映画が好きなオタクのみなさま、
必見です(^v^)

では、最後に一言だけ、

ほんとはあんまり面白くないですよ。





というのは嘘ですw
引っかかりましたか?
引っかかったあなたへ

「バジンガ!!」




崖の上のポニョ

ジブリ離れしていたので、復帰作品と選んでみました。
安定のジブリという言葉が感想となりましたw

【予告編】 


まんま人魚姫ではないかと思いましたが、
人魚姫よりもハッピーで楽しめました。

津波のシーンは圧巻で津波にあったことはないですが、
こんな迫力なんだろうと思ってしまうくらいにすごかったです。
あと久しぶりに悪役のいないジブリだったなと。
それも良かったです。

話がよくわからないところが多いですし、
なんだかよくわからないまま終わってしまった気もしますが、
この作品はすべて勢いなんだと思います。

どうだ!すごいだろ!おもしろいだろ!と、
ずっと監督に言われているような気がしました。
で、この勢いに乗れない人には面白くない作品かもしれません。
ちなみに僕は乗れたので楽しめた口ですw

所ジョージさんの演じたポニョの父親が良かったですね。
ちょっと悪役扱いなんですけど、
彼は彼なりに周りの人を幸せにしようと努めている感じが良かったです。

日本アニメと言えば、ジブリと言われていることが納得できる作品でした。

おおかみこどもの雨と雪

なんとなく、僕にはヒットしない気がして見ていなかったのですが、
重い腰をあげて見てみました。

が、やっぱり、僕にはまだ早い題材でした。

【予告編】


公開は去年の七月だったかな、監督は細田守さんです。
細田守監督は「時をかける少女」・「サマーウォーズ」で有名になった監督さんです。
僕も上記2作はとても好きな作品です。

で、そんな僕がなぜに劇場に行かなかったのか?
まぁ、宮﨑あおいさんに苦手意識があるのもひとつなのですが、
きっと僕にはまだ感動できないと思ったからです。

というのも、題材が「母と子」なので僕は「子」しか体験したことがないからです。
「母」=「親」を体験している人にしかわからないのではないかと
そう思っていました。

結果として、やっぱり僕にはまだピンとこない作品でした。
つまらないというわけでもなく、共感しなかったわけでもありません。
でも、やっぱり主題である「母と子」がいまいち理解できませんでした。

また、やはり日常がメインなのでドキドキワクワクもないんですよね。
それが僕にとっては響かなかったのかもしれません。
(グレンラガンの後に見たせいかもしれませんがw)

「親」を体験した人にはとても切なく、感動する作品なんだと思います。
というのも、「子」の選択を受け止める「母」が大きなテーマだからです。
これから自分の「子」に起こる「選択」を考えている方、または既に経験している方、
とても胸に響くと思います。

僕の母は「ある意味でとても痛い作品だ」と言っていました。
それは「母」を経験したからこそ言える一言だと感じました。

なので、僕も「親」になることがあれば、もう一度見てみようと思いました。

劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇 & 螺巌篇

今まで見てなかったのですが、
冷房の効いた部屋で汗をかくくらいに熱いロボットアニメでした!

オレを誰だと思ってやがるっ!!

【紅蓮篇 予告編】


無意味な合体も気合いでほんとの合体になる!
壁があれば、ドリルで貫く!
明日を築くためのドリル!

と書いてもわからないと思いますが、
書きたくなってしまうのですw
それくらいに熱いです!
かつて、これまで熱いロボットアニメを僕は見たことがありません。
格好良い、熱い、それであればなんでもありな作品です。
それがOKな人には、最高のロボットアニメになることでしょう。

が、それがNGな人にはとことんダメな映画でもあると思います。
かつて、マジンガーZやゲッターロボを好きになったことがある方、
僕はそんなあなたに見てもらいたい。
昔持っていた熱い気持ち、それを呼び起こしてくれる。
そんな作品なんです。

女の人にも見てもらいたいですね。
ロボットアニメは男の子のもと思われていますが、
女性にだってこの熱さは伝わるはずです。

人生がつまらない、最近心が動いたことがない、
そんなときにこそ見てもらいたいです。
生きる意味なんて、どうでもいい。
生きているから意味があるんだと思えてくるでしょう。

マクロスFB7 銀河流魂 オレノウタヲキケ!

劇場公開していたころはまだマクロスにハマっていなかったので、
レンタルしてきました。

マクロス7が好きな僕には、たまらない映像作品でしたね。

【予告編】


マクロス7を知らない人にはなんだかよくわからないまとめ方だったような気がします。
が、マクロス7を見ていれば楽しめる気がします。
特にFire Bomberの曲が好きな人にはオススメですね。
一本でマクロス7の名シーンを堪能できる映画と思えば、最高ではありませんか?

見終わって残念だったのは、Fと7のメインキャラクターが交流しないとこですかね。。。
コラボなのだから、
少しでもいいからバサラとオズマが出会うなどのことをして欲しかったですw

で、最後のライブシーンはとても良かったです。
Fire Bomberを見たマクロスFのキャラクターたちが、
いろんな人にFire Bomberを知ってもらおうとやっていると考えると、
大感動です!

マクロス7を見たことない、Fire Bomberってなに?という方。。。
テイストだけでもいいので味わえる今作を見てみてください。
そして、好きになったらマクロス7を全部みてください。
あんなに熱いアニメはそうないと思っています。


プロフィール

negyu1220

Author:negyu1220
おはようございます、
こんにちは、
こんばんは。

よく映画を見る人生なので、
感想文や紹介文を
書いてみています。

たまに自分のことも書きます。
プロフィール的なものは
カテゴリの
「自分について」を
見てください。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセス数
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR