FC2ブログ

ドットハック セカイの向こうに

人気ゲーム「.hack」シリーズの映画です。
僕は一作目を途中までやっていました。
なので、あんまり知識はありません。

【予告編】


シリーズを知らなくても、楽しめる内容になっていました。
「ロード・オブ・ザ・リング」のネットゲーム版という感じの作品です。

主人公がオンラインゲームをやったことがない設定なので、
基本的な説明はされますが、かなり少しです。
なので、オンラインRPGゲームの知識は少し必要かと思います。

現実世界よりも、やはりネット空間の表現がすばらしかったです。
レンタルのため、2Dでの鑑賞となりましたが、
きっと3Dで見たらもっと良かったのではないかと思います。

ただ、「サマーウォーズ」などと比べると、
少しイマイチだと感じてしまいます。
「サマーウォーズ」は説明と表現がすばらしく、
どんな人でも楽しめるようになっていましたが、
今作はあくまで「.hack」シリーズのファン向けな気がします。

あと、キャラクターが多い割には、
個性がないのが残念でした。
(見た目を個性と思えば、問題ないかもしれませんが)

とはいえ、CGもきれいで話もそこそこ面白いです。
ちょっとオンラインゲームに興味がある人は
見てみると面白いかもしれません。
スポンサーサイト



秒速5センチメートル

いままで見ていなかったので、
レンタルしてきました。

【予告編】


よい作品だったと思います。
恋愛の楽しさ、嬉しさ、切なさ、悲しみ、
すべてを一つの作品で描いていて。

全3章で描かれる、人の人生。
すべてが描かれるわけではないですが、
思春期から大人になる段階を切ない雰囲気で表現しています。

きっと、これって男の人の方が好きになる作品でしょう。
後悔している恋愛を体験された方には特に。
まぁ、主人公が男だからかもしれませんが、
女性目線よりも男性目線で描かれているからです。

第1、2章では、こんな青春をしてみたかったという
感想を持つ人が多いと思います。
で、第3章で一気に現実に戻される。

これを良しと取るか、悪いととるかで評価が分かれそうですね。

ちなみに今の僕には、とても落ち込む作品でした。
なんだか、軽い気持ちで見たせいで、
すごく落ちています。

あのとき、こうしてれば!
たら、れば、が頭を支配しています。

でも、立ち上がらないといけないんですよね。
じゃないと、きっと相手にも僕にも
良くないから。

すみません、ちょっと自分のことを書いてしまいました。

センチメンタルな気分に浸りたい方、
ぜひとも見て頂きたい。
アニメーションと馬鹿にせずに、
一度見てもらいたい作品でした。

アメイジング・スパイダーマン2 コスチューム

SUPERHEROHYPEにアメイジング・スパイダーマン2の
スパイダーマンのコスチュームが公開されていました。

前作よりも従来のコスチュームに戻っていて、
目がアルティメット・スパイダーマンのデザインに
近いものとなっています。

前作の蜘蛛マークには驚かされましたが、
画像では蜘蛛のマークは全体が見えないため、
どうなっているのか、わかりません。

僕はこれが採用されたら、うれしいです。
というのも、前作よりもコミックに近いからです。

というわけで、下記がコスチューム画像です。

アルティメット・スパイダーマン コスチューム

もう、アルティメット・スパイダーマンにタイトルを
変更して欲しい気もしますw

掲載されていたサイトは以下となります。
英文読める人、翻訳して教えてくださいw
http://www.superherohype.com/news/articles/175195-exclusive-first-look-at-the-new-spider-man-costume

ブルーノのしあわせガイド

ちょっと良さげなヒューマンドラマ映画を見つけたので、
紹介したいと思います。

まずは、予告編をご覧ください。

【予告編】


イタリア映画で、ローマが舞台となります。
予告編を見ると、家族もの・親子ものであることがわかりますね。
実は僕、こういう雰囲気の家族モノに弱いのですw
なんというか、すごく色々と考えさせてくれて、
ほっこりすると共に、自分の価値観が少し変わる感じがするんです。

監督はフランチェスコ・ブルーニさんという方のようです。
僕はこの監督の映画を見た事がないですねぇ・・・
だれか見た事がある人は教えてください。

公開日は、2013年2月21日とのことです。
関東だと、シネスイッチ銀座のみが上映館となっていました。
ということは公開する劇場は少なそうですねぇ。。。

春が近い季節、少し心が温まる映画を見てみるのも
いいのではないでしょうか(^v^)

ジャッジ・ドレッド

コミックは読んだことがありませんでしたが、
シルヴェスター・スタローンさんが主演した映画は、観た事があります。
僕には文句ない作品でした〜

【予告編】


ストーリーなんかは、予告編を見てください。

なにが良かったかというと、きちんと「ジャッジ・ドレッド」の
話を描いたということです。
シルヴェスター・スタローンさんの映画はドレッドさんの話になっていた
覚えがあります。
ヒーロー映画では役者さんも見せないといけないため、
やたらとマスクを取る描写が多くなっていますが、
今作はなんとヘルメットを脱ぎません。
なので、俳優さんのお顔を見る事はできません。
だからこそ、ジャッジ・ドレッドというヒーローの
映画になっているのです。

まるでコミックの1冊を映画化したような感じの映画です。
やたらでかい事件の話ではなく、ある事件のひとつに焦点を
当てたことが、すごくよかったです。
キャラクターの背景や世界について時間を使わないからこそ、
できた映画だと思います。

ただ、万人におススメできない点があります。
R15指定されているとおり、バイオレンス描写がきついです。
僕は平気なのですが、耐性のない方はうんざりしてしまうと思います。

この映画はヒットしないでしょう。
というのも、キャラクターの知名度も映画の宣伝も少ないからです。
だけど、僕は続編を作ってほしいです。
キャラクターの過去を描く必要はありませんが、
もっとジャッジ・ドレッドの活躍を見たい。
コミック読めよ、ということかもしれませんが、
僕はこのジャッジ・ドレッドにほれました。
だから、シリーズ化してほしいです。
心から待っています。

バイオレンス描写に耐性があり、渋いヒーローを見たい方、
絶対に見るべきです。
あなたが描いていたヒーローがスクリーンに登場しますよ。

ゴーストライダー2

雪の振る中、観てきました。
結果としては、雪をとかす力はない映画でした。

【予告編】


ゴーストライダーを知らないという方は、過去の記事で
紹介していますので、読んでみてください。
ゴーストライダー2 - Ghost Rider: Spirit of Vengeance -

まず文句がひとつ、邦題についてです。
今作を続編と説明していますが、実質リブート作品です。
前回の続き物ではなく、別物です。
そのため、劇中でゴーストライダーになった理由などが
簡単に説明されます。
続編だと思える点は、主演のニコラス・ケイジさんが続投していることだけです。
なので、続き物を期待させるのは良くないと思いました。

で、内容なのですが、、、
前作よりも良くなってます。
ライダーの見た目もアクションもストーリーも良くなってます。
が、やはりB級から抜け出せていません。
B級映画としてみれば、とても面白かったと思います。

なんでしょうか、静と動の使い方がうまくなかったです。
僕は「パニッシャー・ウォーゾーン」の静と動のような映画を
期待していったのです。

ストーリーにふくらみを持たせようと必死になりすぎて、
肝心の動の部分が弱くなっていました。
ヘヴィメタルを聞きにいったら、高音のシャウトで失敗された気分になりました。
そうです、突き抜けていないんです。
なにもかも中途半端、燃焼不足が頭から離れませんでした。
静のシーンを多く作るのなら、動のシーンではもうこれでもかというほど、
過激にファイヤー!して欲しかったです。

あと、どうにか正義のヒーローにしようと必死過ぎでした。
ゴーストライダーなんだから、もっと残虐でいいと思います。
なぜに全年齢が観れるように頑張ってしまうのでしょうか。
「パニッシャー・ウォーゾーン」を見習って欲しかった。

次作をやる場合は、いっそ地獄で戦うライダーの話にして欲しいです。
もう地上での話をつくっても同じような作品にしか、ならないと感じたからです。

ゴーストライダーを好きになる、いいきっかけにはなると思います。
マーベル・コミックにはこういったキャラがいるんだと知るには、
ほんとにいい機会です。
が、これがゴーストライダーだとは思って欲しくはないですw

ムーンライズ・キングダム

母が観たいとのことだったので、
両親と観てきました。

【予告編】


「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」「ダージリン急行」のウェス・アンダーソン監督作品です。
良くも悪くもウェス・アンダーソン節な作品です。
一言でいうと、「マイ・ガール」ウェス・アンダーソン版という感じです。
(この作品は悲劇はありませんが)

ゆるーい、独特なテンポで進むのにハマれないと、とてもつまらない作品ですが、
それにハマる事ができれば、とても面白い作品です。
なので、万人受けではありません。

「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」「ダージリン急行」のどちらかを鑑賞して、
作品の雰囲気がOKという人は観に行っても大丈夫です。
逆にダメな場合は行かない方がいいです。
時間の無駄になります。

まぁ、あとは子供の恋愛を楽しみたい人には、いいのかな?
ブルース・ウィリスさん、エドワード・ノートンさん、
ビル・マーレイさんのファンという方、
あまり期待して行かない方がいいです。
たぶん、期待しているほど活躍しませんw

と、まぁ、なんだかんだ文句言っていますが、
僕は結構好きな作品でした。
というのも、この監督の独特な雰囲気と笑いは、
とても好きなんですよ。
なんとも言えない不思議な笑いがたまらなく好きです。

監督が好きな方はぜひとも行くべきです。
まだこの監督の作品を観た事がないという人、
ぜひとも「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」を鑑賞してから、
観に行ってください。

クロユリ団地

久しぶりにJホラーが見たいな〜と思っていたら、
中田秀夫さんの新作が発表されていたんですね。
知らなかったです。

【予告編】※ホラー嫌いな人は見ないでね☆


主演は前田敦子さん、成宮寛貴さん。
予告編を見る限り、なんとも言えない背筋がぞわりとする感じの
いいホラーっぽいですね〜。

こう日本の団地って、なんとも言えない怖さがありますよね。
それを存分に活かしている印象を受けました。

公開は2013年5月18日です。

夏の前にちょっとしたホラーを体験するのによさそうですね!

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

3Dがすごいと聞いたので、観てきました。
映像は確かにすばらしかったです。

【予告編】


ストーリーも悪くはないのですが、やや長いなと感じました。
別に飽きたわけではありませんが、もう少しまとめていても
問題なかったと思いました。
導入部分や結末は好きでした。

映像に関しては、船が沈没するところや神秘的なシーン、
生物なんかはほんとによくできていて、
映像を見るだけで楽しめる内容となっています。
IMAXで観てみたかったと思うくらいに。

この映画の悪いなと思った点は、神秘的に表現してしまうため、
漂流が淡々としているように感じてしまうところでした。
なんだか、あんまり辛くなさそうじゃね?と思ってしまいました。

ただ、結末はすごくよかったです。
観客に選択させるからです。
劇中で多く語られた宗教のように、
なにを信じるか?ということを選択させられます。
そこが僕にはとても響きました。
色々と考えさせてくれる映画は好きなのでw

ちょっと退屈してしまう人もいると思いますが、
全体的によく出来ている映画です。
一緒に漂流する虎は全部CGなんだと考えながらみると、
もっと面白く観れると思います。
劇的なドラマを求めて観に行くとやけどするかもしれません。

KITE LIBERATOR

続編ということで、こちらも観てみました。

【予告編】※ちょっとバイオレンスな表現があります。


前作とは完全に別物となってしました。
バイオレンス表現はありますが、性描写はありません。
全年齢が観れるように配慮されたのかもしれません。
また、ハードボイルドな雰囲気はなくなり、
SFアニメとなっていたので、正直戸惑いました。

別物として観れていたら、きっと良かったのですが。。。
これは続き物にしないほうがよかったのではないかと。

ただアニメーションの技術は高く、作画崩れなども少なく、
アニメーションとしてはよく出来た作品だと思いました。

あと、ラストがすごく中途半端な感じで、
続編がないと完結しません。
主人公のバックボーンはほとんど解説されないため、
なんで?という疑問が残りました。

現在、続編の予定はないようなので、残念です。

アニメが好きな方は観てもいい作品だと思いますが、
ほんとに中途半端に終わると覚悟しておいてください。

A KITE INTERNATIONAL VERSION

映画ではなく、OVA作品なのですがレビューします。
これはアダルトアニメにあたるのかな?

A KITE INTERNATIONAL VERSION

ストーリーはwikiから持ってきました。

女子校生と殺人請負人、2つの顔を持つ美少女・砂羽。表と裏の世界を巧みに使い分ける大人達の淫魔な呪縛から逃れられず、泥沼の世界に生きる砂羽が唯一心を許せる存在は、同じ世界に生きる謎の少年・音不利だけであった。二人はお互いに同じ性を感じながら、惹かれ合う。ある時、砂羽は組織と決別しようとする音不利の始末を命じられ、音不利に銃口を突き付けるが…。

という感じです。
INTERNATIONAL VERSIONだったので、性描写は省略されていましたが、
まぁ、全体的にはエログロという表現が当てはまりそうです。

期待せずにみたのですが、45分という短い時間にも関わらず、
濃厚なストーリーとなっていました。
ガンアクションシーンがかっこよく、
全体の雰囲気がハードボイルドな感じなのでよかったです。

こういう作品の主人公って、無表情で無頓着な少女が多いと思うのですが、
今作は喜怒哀楽があり、そこも好印象でした。

万人におススメはできませんが、好きな人にはハマると思います。
性描写、グロい殺戮シーンが嫌いな方は絶対に観ない方がよいです。
大人になっていない方が読んでいたら、大人になってから観てくださいw

ホラー映画バトン

ホラー映画でドッキリバトン

Q1 ホラー映画は好きですか?好きな場合は得意ジャンルも教えてください。
A1 好きです。ゾンビ系が得意かな。でも、日本のじめじめ系も好きです。
Q2 吸血鬼といえばこの作品!
A2 インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア。ホラーじゃないか?
Q3 ゾンビといえばこの作品!
A3 ゾンビ、死霊のえじき
Q4 シリーズ物といえばこの作品!
A4 ウォーキング・デッド
Q5 モンスターパニックといえばこの作品!
A5 ロメロ監督作品(特にゾンビ系)
Q6 エロスといえばこの作品!
A6 エロスは別に求めていないので。
Q7 万人にオススメできる名作といえば!
A7 万人じゃないじゃん。ホラーってw 日本なら「仄暗い水の底から」。
Q8 人には勧めにくいけど自分的に名作といえば!
A8 28日後。眼球つぶしが苦手な人にはNGな作品です。
Q9 見終わった瞬間、時間返せ!と思った作品といえば!
A9 デイ・オブ・ザ・デッド2
Q10 貴方にとってホラー映画とは!
A10 ウケケッケケ!

このバトンに回答する / 回答した人を見る

遊星からの物体X

よく行く豆魚雷高円寺店の店長さんである、
原田プリスキンさんからお借りしました。

すご〜く良かったです。
ラストが特に文句なしによかった。

【予告編】


字幕がないので、あらすじを書いておきます。
舞台は1982年冬の南極アメリカ観測基地。
男性12人からなるそのチームは平和に過ごしていました。
が、ノルウェーの観測隊が一匹の犬を追って、銃撃してきます。
チームの一人がけがをしたため、射殺します。
その後、ノルウェーの観測基地を偵察にいくと全滅しています。
そこには奇妙な死体がありました。
その死体を回収して解剖しますが、人間と同じものであることがわかります。
ノルウェーの観測隊に追いかけられた犬を檻に入れたところ。。。

といった感じの話です。
SFグロ系です。
グロいものに耐性がないかたには、おススメしません。
中盤は結構エグい感じになっておりました。

ただ、古い映画でテンポが遅く感じる箇所もありましたが、
SFホラー映画としては、名作だと思います。
中盤からはハラハラドキドキが止まりませんでした。

SFでホラーが好きな方は、ぜひとも見て頂きたいです。
ほんとに名作です。

アメイジング・スパイダーマン2 プロットについて

少し情報が出てきましたね。

今回の敵はエレクトロ確定のようです。
演じるのは「ジャンゴ」などで有名なジェイミー・フォックスさん。
黒人さんがエレクトロを演じるというのに少し不安を覚えますが、
エレクトロは好きな悪役なので期待しています。

【エレクトロを演じるジェイミー・フォックスさん】
エレクトロの人


で、グエンとピーターは続投。
監督も続投、これはほんとに嬉しいです。

恋人関係も継続しているようです。
が、グエンパパとの約束を気にしていて、
少し不穏な空気が漂っているとのこと。

あと、今作からハリー・オズボーンが登場するとのことです。
演じるのはデイン・デハーンさんです。
ゴブリン関係が少し進みそうですね。
楽しみです。

【ハリーを演じるデイン・デハーンさん】
ハリーの人

デイン・デハーンさん、知らなかった俳優さんですが、
イケメンですね〜(><)

まだまだ情報が少ないですが、ほんとに楽しみです。

ゴー、スパイディ!ゴー!!

映画バトン

ちょっと違う角度から映画バトン

Q1 映画を見る頻度は?
A1 1週間に1,2本かな
Q2 映画館派?自宅派?
A2 映画館が好きですが、自宅で観る方が多いです。
Q3 外国映画は字幕派?吹き替え派?それともどっちもいらない派?
A3 字幕派。吹き替えはテレビ放映で十分と思っています。
Q4 映画を見るときのスタイルは?
A4 スタイル?えっと、足を組んでます。
Q5 映画を見るときに一番重要視することは?
A5 うーん、映画の雰囲気を堪能することですかね?
Q6 好きなジャンルは?
A6 SF、ホラーかなぁ
Q7 苦手なジャンルは?
A7 れ・ん・あ・い
Q8 作品の良し悪しを超えて、もはや別格だ!という貴方にとって特別な作品は?
A8 かもめ食堂、プルートで朝食を、28日後
Q9 一番衝撃的だった作品は?
A9 アビスですね。あの顔がにゅるっと出てきたときは、ほんと衝撃でした。
Q10 本棚の隅にこっそり置いておきたい作品は?
A10 王と鳥
Q11 BGM的にずっと流しておきたい映画は?
A11 トロンまたは、トロン・レガシー
Q12 映画の舞台で行ってみたい場所は?
A12 中つ国
Q13 誰か監督を一人、無人島に連れていくとしたら?
A13 ピーター・ジャクソンさん、またはギレルモ・デル・トロさん
Q14 間近で演技を見てみたい俳優は?
A14 ユアン・マクレガーさん、キリアン・マーフィーさん
Q15 この組み合わせは最高だ!と思うのは?(監督×俳優、監督×撮影、俳優×俳優etc)
A15 ベタですが、ティム・バートン監督×ジョニー・ディップさん
Q16 映画関係でやってみたい仕事は?
A16 予告編作成
Q17 人類が滅んでも残したい映画は?(地球が滅んでも、TVの電波は宇宙をさ迷い続けるとか…本当かな?
A17 ゾンビ
Q18 この質問が抜けてる!というのがあれば。
A18 いまは特に思いつきませんね。
Q19 貴方にとって映画とは?
A19 新しい世界を教えてくれるものです。

このバトンに回答する / 回答した人を見る

スター・トレック イントゥーダークネス スパーボールCM

こちらもスーパーボール中に流れたCMです。

【CM(日本語字幕付き)】


もうかつてのような、SFホームドラマなスタートレックでは完全に
なくなったのがわかりますね。

CM自体は短いですが、これだけでも迫力ありますね。
前作がよかっただけに、期待が大きくなっています。

2作目はあんまり面白くないという、ジンクスがあるのを
破って欲しいものです。

Iron Man 3 Extended Big Game Commercial

すみません、また「アイアンマン3」です。
新しい予告編が米国のフットボールゲーム中の
CMで流れましたので、載せておきます。

【Iron Man 3 Extended Big Game Commercial】


やっぱり、前2作よりもダークな雰囲気になっていますね。
個人的にはダークナイトライジングのような映画には
ならないで欲しいので、少し心配です。

このCMのメインは、旅客機(エアフォースワンかな?)からの
人命救助シーンだと思います。

やっぱり、マーク42が少し違和感。。。
まぁ、だいぶ慣れてきましたけどw

あと個人的にはちらっと映っていたハッピーが嬉しかったです。
ハッピーを演じているのは、前2作を監督したジョン・ファヴローさんです。
監督降板していたので、ちゃんと出るか不安だったんですよ。
「アイアンマン2」では、ちょっと活躍していたので今作でも
見せ場があるといいなぁ。

Marvel's Iron Man 3 Domestic Trailer

いまさらですが、やっぱり書きたくなったのでw

【予告編】


アメリカンフットボールのCMで、上記の予告編が流れたそうです。
これの何が重要かというと、アイアン・パトリオットの中の人が
わかったということです。
まぁ、予想通りな人が入っていましたね〜
もう少し突飛な人が入っていて欲しかった気もしますw

なんにせよ、ちゃくちゃくと公開が近づいてきてますね。
ほんとに「アイアンマン3」、楽しみです。

エンド☆オブ☆ザ☆ワールド

よいロードムービーです。
限られた時間でも、できることがある。
そんなことを体験できる映画でした。

【予告編】


上映しているスクリーンが少ないのは、とてももったいない。
でも、仕方ないと思います。この類いの映画は大ヒットしないから。

予告編を見て頂けばわかるのですが、世界の滅亡までのお話です。
普通の映画であれば、阻止するために頑張る人々や
生き残るために努力する人々を描くと思いますが、
この映画では限られた時間の中でどう過ごすか、
といったことがテーマになっています。

世界の滅亡というヘビーな設定にも関わらず、
ノリは明るめのロードムービーとなっていました。
これがとてもいい印象となってます。
滅亡を受け入れてばか騒ぎする人たち、
したいことができなかった人たち、
したいことが見つからない人達、
みんな死を受け入れているんです。
だからこそ、明るくいられるんでしょうね。
その見せ方がコミカルであり、滑稽であり、少し感動的。

カップルで見にいくと、きっと絆が深まるんでしょうね。
独りで見たとしても、きっとできることがあると
希望を見いだせる作品だと思います。

人生の最後、わかっているリミット、
でも、それでも生きる意味ってなんだろう。
そんなことを考えさせてくれる。
ちょっと寂しくもハッピーな映画です。
プロフィール

negyu1220

Author:negyu1220
おはようございます、
こんにちは、
こんばんは。

よく映画を見る人生なので、
感想文や紹介文を
書いてみています。

たまに自分のことも書きます。
プロフィール的なものは
カテゴリの
「自分について」を
見てください。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセス数
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR