FC2ブログ

キャプテンハーロック

「宇宙海賊キャプテンハーロック」がCGアニメで復活です。

【インターナショナル予告編】


正直、記事読んだときは不安だったのですが、
予告編見たら変わりました。
なんとなくですが、「スタートレック」リブート版の
良さに似た感じの印象を受けました。

監督は「アップルシード」の荒牧伸志さん、
原作は「亡国のイージス」や「ガンダムUC」の福井晴敏さん。

脚本、福井晴敏さん!?
いや、ストーリーは安心できそうですね(>。<)
でも、監督さんが少し不あ。。ゲフン、ゲフン。

なんにせよ、30年ぶりのアニメ化なので、
楽しみにしておきたいと思います。

公開は2013年秋の予定とのことです。
スポンサーサイト



リトル・ヴォイス

最近、「マクロス7」を見ているせいで映画みていないので、
過去にみた作品を紹介したいと思います。

選んだ理由は、「歌」つながりだからです。

【予告編】


引っ込み思案な青年と女性が主人公なのですが、
2人の恋愛模様が初々しくて微笑ましいです。

僕はマリリン・モンローさん、ビリー・ホリディさん、フランク・シナトラさんの
音楽は聴いたことありません。
なので、劇中で物まねしていても似ているか判断はできませんでしたが、
ほんとに歌がうまい。
女優さん多才過ぎるだろ!となりました。

ちなみにマイケル・ケインさんも出ていまして、
またいい演技しているんですよ。
自分の利益のために必死になるキャラクターなんですが、
なんでか憎めない感じで、あぁ、この人はほんとに演技が上手なんだなと。

DVDレンタルしているところは少ないかもしれませんが、
1度見て欲しいです。
心温まりますし、LV(リトル・ヴォイス)の歌声に圧巻されますよ。

REC3 ジェネシス

スペイン発のホラー第3弾。
飛び散る血しぶき、あらぶる花嫁。
もう色々と突っ込みたいけど、それを通り超して楽しかったです。

【予告編】※グロ耐性のない人は視聴しないほうが良いです。


第2作目では、そんな展開だったんか〜!となった「Rec」。
楽しみにしていた3作目。
もうなんでもありですね。
「Rec」の売りであったPOV(ポイント・オブ・ビュー)形式が、
なんと始めだけw
あとは普通の映画になります。
もう「Rec」じゃないやんw
で、内容もないw

でも、「やりたいことをやるんだい!」という内容になっていて、
僕にはそれが大当たりでした。

美女の花嫁がチェンソー振り回す、なんと胸熱な展開。
ほんとにこれがやりたかっただけな映画なんですが、
それがほんとにいい(><)

「Rec」、「Rec2」の良さはなにもないけど、
今作だけ別物として見ることをおススメします。
「Rec4」からは元に戻るようなので、今作は見なくてもいいかもですがw
が、花嫁が血まみれでチェーンソー持つ、これにピンときた「あなた」、
とりあえず見るべきです!

ゴースト・フライト407便

ホラー映画の紹介です。
「空飛ぶお化け屋敷」というキャッチフレーズに惹かれましたw

【予告編】


タイのホラー映画なんですが、いい感じだなぁと。
そういえばタイのホラー映画って見たことないことに今気付きました。

飛行機という密室空間での怪奇現象。
ぞくぞくしますねぇ。
また何とも言えないB級臭がたまらないです。
こういう映画はほんとに何も考えずに見るのが一番ですよね。
なんだか、久しぶりにこういう映画の予告みたら、
ホラーが見たくなってしまいました。

公開は2013年2月23日とのことです。

マクロスプラス MOVIE EDITION

マクロスにハマっているので、こちらも見てみました。
こちらは想像していたよりもサイバーな話でした。
音楽は菅野よう子さんだったので、やっぱり好きな感じでした。
予告編が見つからなかったので、ライブシーンを貼っておきます。

【ライブシーン】


「マクロス 愛・おぼえていますか」の30年後が舞台となります。
今回のアイドルは人工AIのシャロン・アップル、つまり、ヴァーチャルアイドルです。
で、主役達はテストパイロットの男2人とヴァーチャルアイドルのプロデューサーの女1人。
彼らの三角関係がメインストーリーとなります。
「マクロス 愛・おぼえていますか」以上にラブストーリーがメインになっていましたが、
戦闘シーンのすばらしさと、シャロン・アップルの妖艶な曲がとても印象的な作品でした。
ラブストーリーがメインといっても、戦闘と曲がほんとに良くて、
いざライブまたは戦闘になるとラブストーリーがどうでもよくなってしまうくらいに、
ほんとにいいです。

そして、想像以上にサイバーなんです。
人工AIのシャロン、彼女の存在がほんとによくできている。
なんか、作中の人間がどうでもよくなるくらいにすばらしいキャラクターだと思いました。

戦闘は男の子なら絶対に熱くなれると思います。
曲は美しいので、女の人に受けそうな気がしました。

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか

約30年前のアニメですが、圧倒されました。
現在ではできないような表現もあり、
アニメを馬鹿にしてはいけないなと再確認しました。

【予告編】


異星人とのファーストコンタクトと男女の恋愛観を描くことで、
人類の文化とはどういったものなのかを考えさせられます。
ロボットアニメというと「ガンダム」が広く知られていますが、
この「マクロス」は違った観点を持ち、表現手法も異なります。
マクロスはガンダムよりも戦闘で起こる残酷なシーンとリアルな男女の恋愛感を
描いています。
ラストのライブ+最終戦争がマクロスの単純なロボットアニメでないことの
証明となっていると思います。

いま見ても、ほんとにおもしろいです。
戦争とアイドル文化、恋愛の3つが融合がとてもいいです。
どんな悲惨な戦闘をやっていてもドラマパートになれば、
そんなことなかったように思えてしまうw

戦闘パートの表現がやっぱり好きでした。
放物線を描いて飛んでいくミサイル、
いまでは許されないような戦闘方法、
見ていて圧巻でした。
最後のライブを行いながらの戦闘はどこか芸術的で。

30年前のアニメと馬鹿にせず見て欲しい作品でした。
また当時の男女感を知ることができて楽しかったです。

テッド

意気揚々とみてきました。
ド定番な内容でしたが、やっぱり面白かったです。
R15にする程、下ネタ全開ではなかったような。

【予告編】


いわゆる馬鹿な男の友情と愛と成長を描いた作品ですが、
やっぱり親友がクマのぬいぐるみというのは面白かったです。

で、ぬいぐるみ。名前をテディというのですが、
ほんとにテディの設定をこれでもかというほど有効活用していて、
すごくよかったです。
ただコメディ部分がすごくアメリカンなので、アメリカの娯楽を
知っていないとわからない部分が多かったです。
(特にフラッシュ・ゴードン)
ここら辺で賛否が分かれそうですね。
面白いとは言っていてもお決まりのアメリカンコメディーが苦手な人には
とことん駄目な映画になっておりました。
字幕でなんとか日本人にもお笑いポイントを作ろうと必死になっているのが、
逆に少し興ざめになりましたが、笑ってる人は多かったです。
僕はあんまりそういうところは媚びないで欲しかったかな。
アメリカのコメディー見に来てるんだから、無理に日本の話を出さないで欲しかった。

とまぁ、そんな感じでした。
アメリカのコメディー映画が好きな人はOKです。
見に行ってください。絶対、損はしないと思います。
日本のコメディーが好きな方で気になっている方、
行かない方がいいと思います。たぶん、設定だけです。面白いのw

きたきた、アルティメット・スパイダーマン シーズン2

1シーズンはずいぶんと楽しませてもらったので、待ってました〜♪

【シーズン2 予告編】


スパイダーマンがチームを組むということだけでも、
うれしくて仕方なかったのに、ゲストキャラも豪華でウハウハしたシーズン1。
きっとシーズン2もすごいことになっているんだろうな〜。

最後の方にアベンジャーズも参戦していて、
もう見たくてしょうがないです。

あ、映画と関係なくてすみません。
でも、最近、アメイジング・スパイダーマン(コミック)の700巻を読んで
ショックを受けていて、、、
その後のスペリオル・スパイダーマンに進めていない自分がいたんですよ。

で、ちょっと落ち込んでいたのですが、
この予告編見てうれしくなってしまったんです。
なので、すみません。思わず書いてしまいました。

はやく日本にこないかな〜

ミッドナイトインパリ

久しぶりのウディ・アレン作品でした。

【予告編】


ウディ・アレンさんの作品って、いい意味でいつも同じテイストですよね。
今作も十分にウディ・アレンでしたw

たぶん、ウディ・アレンさんが好きな著名人を出したいがために作った映画に
思えるくらいに有名な著名人が出てきまくります。
ストーリーに意外性はないのですが、出てくる人が詳しくなくても知ってる人達なので
おもしろかったです。

で、最後にはきちんと考えさせてくれる。
自分が生まれた時代と過去、どちらがいいのか。
人は経験したことのない場所や時に夢を持ってしまいますよね。
果たしてそれがいいことなのか、ほんとに自分にあった所ってどこか。
そんなことを考えさせられました。

すごく緩い感じで見始めるのをおススメします。
映画でもみるか〜、という感じで見てみてください。
きっといい時間を過ごせます。

ルーパー

試写会でみてきました。
想像していたよりも地味目な映画でした。
ハードボイルドSF映画という感じかな。

【予告編】


自分対自分という設定はとてもいいのですが、
話の流れ自体はそれほど特異なものではなかったのが
少し残念でした。
僕は結構好きな感じでしたが、宣伝を信じてみると
裏切られた気分になってしまうかもしれません。

ジョセフ・ゴードンさん、すごく頑張ってブルースさんに
近づこうとしていました。
見ていてだんだんブルースさんの若い頃にみえ。。。ないw
やっぱり、違う人だよw
でも、よかったですよ。いつもと違う感じで。
渋めのジョセフさんもかっこよかです(^^)

なんだろうな。
「ブレードランナー」が好きな人には世界観とキャラクターは
結構ハマると思います。
地味だけどきちんとしたSFが見たい人におススメです。

96時間

評判が良かったので、見てみました。
僕にはあまりヒットしなかったです。
でも、リーアム・ニーソンさんはほんとにかっこ良かった〜

【予告編】


元CIAのおっさんが娘のために命をかけるという設定は、
とてもよかったです。
引退してもつよいおっさんというだけで、すごく胸が高鳴ります。
が、ほんとにそれだけの映画です。

子供を持つと違う印象になるのかもしれませんが、
なので、お子さんをもつお父さんが見たら違う印象を受けるかもしれません。

しかし、リーアム・ニーソンさんがハッスルする姿はほんとに
惚れ惚れしてしまいます。
なんとも人の良さそうなおっさんがこれでもかと鬼畜になるのは、
見ていいて清々しい気分になりました。

アクションを見てスカッとしたい人には少しアクションが弱いと思いますが、
リーアム・ニーソンさんの渋さとアクションしている姿はおススメです。

ザ・ライト -エクソシストの真実-

アンソニー・ホプキンスさんの演技がすごく良かったです。

【予告編】


エクソシストものです。
日本ではあまり定着していないためか、
興行成績はあまりよくなかったようですが、
僕はすごく楽しめました。

ホラー要素は少し弱いですが、エクソシスト映画としては良かったです。
そして、なんといってもアンソニーさんの演技がほんとに良かった。
こんなアンソニー・ホプキンス見たことない!となりました。
そのせいで主役がちょっと弱くなってしまいましたがw

僕は神も悪魔も信じていないのですが、
鑑賞しているときはちょっと信じてしまいました。
それくらいに作品に引き込まれました。

日本って悪魔が怖いという感情が薄いというか、
親しみがないので怖さがわからないと思うんですよ。
だからこそ、この映画を観るといいと思いました。
悪魔の怖さ、それに対抗できるエクソシスト、
その両方を知ることができるからです。

劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~

やっとこさ、見ました。
やっぱり、おもしろかったです。

さよならの翼

こういうロボットものは、やっぱり戦闘で胸が高鳴ります。
それに加え、ライブが加わるので更に盛り上がります。
音楽が菅野よう子さんなだけあって、すご〜くいいんですよ。
歌もいい感じなので、自然とわくわくしてドキドキしてしまいました。

ただ残念なのが、戦闘がほぼCGな点ですかね。
やっぱり、セルよりも浮いて見えてしまいました。
ガンダムUCでも感じたのですが、CGに頼らずにセルで描いてほしいです。

あとテレビ版をいっさい見ていなかったので、
話の流れが早過ぎてついていけなかったです。
まぁ、テレビ版も見ろということなのでしょうが。

ともあれ、音楽も話も面白かったです。
個人的にはマクロス特有のミサイルの飛び方がうれしかったです。
プロフィール

negyu1220

Author:negyu1220
おはようございます、
こんにちは、
こんばんは。

よく映画を見る人生なので、
感想文や紹介文を
書いてみています。

たまに自分のことも書きます。
プロフィール的なものは
カテゴリの
「自分について」を
見てください。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセス数
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR