FC2ブログ

SUPER8

プチJ・J・エイブラムス祭りのラストです。

前半はよかったのに、
話が進んでいくと面白くなくなっていくという、、、
ラストまで見て、なんともいえない空しさを覚えました。

SUPER8

前半は多くのかたがおっしゃているように
「グーニーズ」を彷彿させる面白さで、
観ていてわくわくしました。
が、後半になるにつれて面白くなくなっていき、
もうなんだか、早く終わってくれと願ってしまいました。

なんでしょうか、
後半にもっと子供達の個性を活かした見せ場が
1シーンあるだけでもっと面白くできたんじゃないかと。
子供集めて、個性まで付けてるのにもったいない。

でも、ほんとに前半は良かったんですよ。
古き良き時代の子供冒険映画臭が漂っていて。
なのに、なんでこうなるんだ!
と叫びたくなりました。

多くの人にはお勧めできませんが、
時間があって、少しSFものが見たいという方、
暇つぶしに見るにはいいと思います。

正直、後半よりも
エンドロールの方が数倍面白かったですがw
スポンサーサイト



ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

プチJ・J・エイブラムス祭り、第2作品目です。

監督がブラッド・バードさんだったんですね、
「Mr.インクレディブル」大好きだったので、
なんだかうれしかったです。

個人的には3作目よりもペンジー(サイモン・ペッグさん)が
活躍していたので、よかったですw

ゴースト・プロトコル

いままでの「ミッション:インポッシブル」の中で、
一番コミカルなシーンが多いのですが、
きちんとまとまっていて、すごく楽しめた作品でした。

コミカルなシーンでは、やっぱりサイモン・ペッグさんが
なんかしら関わっていて、ウキウキしてしまいました。
アクション面は3の方が良かったと思いますが、
全体の流れはこちらのほうが断然よかったです。

また、ジェレミー・レナーさんの使い方も良かったです。
お決まりのポーズを今回は彼がやってくれたのも
なんだか、楽しかったですw

決めるときはびしっときめて、
笑わすときはきちんと笑わしてくれる映画でした。
いままで「ミッション:インポッシブル」を観ていなかった人でも
きちんと楽しめる内容になっていたと思います。

しかし、ほんとによくジャンプ?飛ぶ?落ちる?映画でしたw

ここで、自分的なランキングは
1位「ミッション:インポッシブル」
2位「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」
3位「ミッション:インポッシブル3」
4位「ミッション:インポッシブル2」
となりました。

4位以外はほんとに人にお勧めできる映画だと思います。

ミッション:インポッシブル3

「フリンジ」を見始めたので、
J・J・エイブラムスさん祭りしてみようと思い、
借りてみました。

「ミッション:インポッシブル2」でがっかりしたので
観ていなかったのですが、おもしろかったです。

ミッション:インポッシブル3

ガジェットもよかったし、カメラワークもいい感じでした。
これぞ「ミッション:インポッシブル」という感想となりました。
いままで観てなかったのを、ちょっと後悔しましたw
ですが、不満点もあります。

悪役のフィリップ・シーモア・ホフマンさんが
微妙な扱いになっている気がしました。
確かに怖いフィリップ・シーモア・ホフマンさんは見れたのですが、
そういったシーンが短い・・・
もうちょっと、こいつ怖い。。。と感じるシーンが欲しかったです。

あと、きれいに終わりすぎていて、どう続けるんだよ?
となったのが、不満点です。
まぁ、制作時は続ける気はなかったのかもしれませんが。

で、個人的に気に入ったキャラクターはサイモン・ペッグさんが演じる
「ベンジー」。
サイモンさんが演じてたからというのが、大事な点ですw
前線向きじゃなく、ちょっとオタク気質なキャラがとても良かったです。
次作でも活躍するようなので、そこは楽しみです。

スパイもの×アクションとしては、
すごくよく出来ていた作品だと思います。
派手で痛快な映画を観たいときには、
ばっちりな映画でした。

Push 光と闇の能力者

僕的には不作でした。
超能力ものなので、ド派手なのを期待していたのですが、、、

push

主演はキャプテン・アメリカこと、クリス・エヴァンスさん。
ヒロインはダコタ・ファニングさんです。

ダコタ・ファニングおっきくなったなぁと、
時の流れを感じましたw

で、超能力が題材のSF映画ですが、
すごく地味でした。

なんだろう、押井守監督作品の廉価版を
見ているような気分でした。

x-menと違って、能力が種類で決まっていて、
区分けされているのは良かったです。

ですが、頭脳戦がメインとなっているため、
全体的に地味なのがもったいない感じです。
前半は地味なのだから、後半は派手になるのかと思っていましたが、
そのまま。

しかも続編を意識した作りになっているため、
風呂敷広げたけど、回収は次ね〜(^o^)
という感じの終わりにも少し腹が立ちました。
とりあえず、1本完結にしておこうよ。。。

100円で観たから、文句いうなという感じですかね?w

僕がド派手なのを期待していたせいかもしれないので、
地味な超能力戦が見たい人にはいいのかもしれません。

クリストファー・ロイド氏の来日

第1回ハリウッドコレクターズコンベンションに
行ってきました。

ゲストはなんと、「Back To The Future」のドクこと、
クリストファー・ロイドさんです。

10時にいったのですが、すでに整理番号は400番台。
6時間以上待つことになりましたが、
たいへん有意義な時間でした。

写真とサインをしてもらうために、
11,000円かかりました。
ちょっと高かったですが、
ドクのサインと写真ならと思い、
ちゃんと払ってきました。

写真などは以下に載せますね。


続きを読む

劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル

オーズ観ていなかったのですが、
発表されていたときから、
この映画気になってたので観てみました。

だって、暴れん坊将軍×仮面ライダーって、
すごく胸が熱くなりませんか?

劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル

近年の仮面ライダー映画としては、
きれいにまとまっている映画だと感じました。

まぁ、当たり前に超展開なのですが、
暴れん坊将軍と仮面ライダーが共闘するためには
仕方がないと思えました。

で、共闘シーン。。。
やっぱり、興奮しましたw

だって、ちゃんと敵さんも将軍と戦うときは
時代劇の戦闘シーンっぽく動くんですもん。
将軍かっこいい!ってなりましたよ、はい。

で、オーズなんですが、
思っていたよりも動きがかっこいいし、
変身も串田アキラさんの声も手伝って、
大盛り上がりしてしまいました。

なんだ、放送しているときに観とけば良かったと、
少し後悔しました。

最近、仮面ライダーを見ていない人でも、
将軍が出てくることで、
許容範囲の映画になっているような気がしました。

テケテケとテケテケ2

連続ものだったため、2作品を一度で
書こうと思います。

Jホラーものです。
ホラーがだめな人用に以下から、
「続きを読む」にさせて頂きます。

続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

すごく良かったです。
僕はエヴァの中でカヲル君が一番好きなのですが、
カヲル君ファンの方は絶対に観ておくべき作品です。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

感想は以下に書きます。

続きを読む

巨神兵東京に現わる

特撮展にいくことができなかったので、
観れないとあきらめていたのですが、
エヴェQとの同時公開のお陰で、観ることができました。

巨神兵東京に現わる

内容はないに等しいですが、
特撮映像作品としては、すごくレベルの高い作品でした。

特に建物が崩壊していく様子は、
すごくリアルで、ほんとにああやって倒れていくのだろうと
思ってしまいました。

また巨神兵のデザインがほんとによく、
かっこ良くもあり、怖くもあり、
なぜか優しそうにもみえる印象を受けました。

長編にせず、10分という長さもちょうど良かったです。

砂漠でサーモンフィッシング - Salmon Fishing in the Yemen -

いま観たい映画でトップ3に入るくらいの
作品です。

主演はユアン・マクレガーさん、
監督は「ギルバート・グレイプ」や「サイダーハウス・ルール」の
ラッセ・ハルストレムさんです。

内容は予告編を観てもらえば、わかると思います。
なので、載せておきます。



コミカルなんだけれども、きちんと心に残るような作品ではないかな。
と思っています。

公開は2012年12月8日、東京では結構公開される映画館があります。
気になった方は、下記のオフィシャルサイトにいってみてください。

砂漠でサーモンフィッシング オフィシャルサイト


不思議の国のガーディアンズ - Rise of the Guardians -

ギレルモ・デル・トロさんが製作総指揮を手がけた、
ドリームワークスの新作3DCGアニメです。



僕も最近、調べたので内容はよくわかっていませんが。
アメリカでポピュラーな妖精やサンタ、イースターバニーなどが
恐怖を操る悪者と戦う話のようです。

声の出演は、クリス・パインさん、ヒュー・ジャックマンさん、
アレック・ボールドウィンさん、ジュード・ロウさんと
すごく豪華なメンバーとなっています。

全米では2012年11月21日公開となっています。
日本では2012年12月公開予定みたいです。

アメイジング・スパイダーマン メイキングを観て

iTunes Extraでメイキングやインタビューを観ることができました。
設定画集などもあり、とても楽しい内容でした。

過去3作の「スパイダーマン」をリスペクトし、
さらに面白い作品にしようとしているスタッフたちの
熱意が伝わってきました。

予告編を観るまで、僕はリブートは失敗だと思い込んでいました。
ですが、いまでは恥ずべき過去だと思っています。
それくらいに、よくできた作品だったからです。

ヒロインがMJでないことに戸惑っていたファンが多いようですが、
僕はグウェンになって良かったと考えています。
彼女は「スパイダーマン」を語るためには必要なヒロインだからです。
コミックでは悲劇的な終わりとなった、グウェンとの関係。
映画版ではどのようになっていくのか、
期待と不安で胸が高鳴っています。

原作通りにして欲しいような、
原作とは違ったハッピーエンドを望んでいるような。
すごく矛盾していますが、そんな気分です。


伝説のロックスター再生計画!

ラッセル・ブランドさんが観たくて、
レンタルしてみました。
日本では劇場未公開作品です。

コメディ映画ですが、下ネタだらけなので、
女性にはあまりおススメできない気がしました(^^:A)
「モンスター上司」や「デュー・デート 〜出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断〜」などの
作品がOKな人は結構、ハマると思います。

gethimto

ストーリーは、
アメリカのレコード会社に勤めるアーロンはある日、
演奏をしなくなったロックスターのアルダスの
復帰コンサートを企画します。
企画が通り、アーロンはアルダスの付き人として、
アルダスのいるイギリスへ向かいます。
ですが、アルダスは最新シングルが酷評され、
妻にも逃げられたことで自暴自棄な生活をしていました。
きちんと仕事をしようとするアーロンも
その破天荒な生活に巻き込まれてしまい、
アルダスに振り回されてしまいます。
そんな彼をなんとかアメリカに連れ出すことができましたが、
破天荒さがますますひどくなっていきます。。。

以下から感想です。

続きを読む

Disney × Marvel

映画とは関係ないのですが、
自分の願望をちょっと表現してみたので、
載せてみることにしました。

それはMarvelとDisneyキャラクターの
コラボ商品が出てほしい!ということです。

ちょっと前に妄想して描いてみた絵を
アップしていこうと思います。

続きを読む

「ホビット 思いがけない冒険」まで1ヶ月

前売り券買ってきました〜
クリアファイルももらえて、ウキウキですw

hobit

あと1ヶ月で公開ですね〜
それまでメイキングや予告編を観て、
テンションを上げていこうと思っています。

小説では登場人物が多過ぎて把握できなかったので、
映画では把握できるように頑張りたいところです。

下記に予告編やメイキングをまとめておきますね。
続きを読む

「アメイジング・スパイダーマン」DVD発売!!

スパイダーマン

僕はDVDでもブルーレイでもなく、iTunesで購入しました。
実は2Dで観たことがなかったので、すごく楽しみです。
早く観なきゃ〜。
メイキング観れないのは残念ですが、
楽しみなことに変わりはないですw

ちなみにレンタルはTSUTAYAさんだけみたいです。
なんだか、他のレンタルショップさんで借りれないのは
微妙ですね。
ちなみにレンタル開始日は21日からみたいですよ。

実はブルーレイのアメイジングBOX買おうか、
悩んだのですが、高過ぎるのと
置く場所がないのであきらめました(`;ω;´)
買った人、感想教えてくださいw

*2011年11月14日 追記
現在、iTunesで「アメイジング・スパイダーマン」字幕版は
販売されていません。
午前2:00頃に僕は購入できたのですが、
字幕表示がおかしかったです。
たぶん、いま修正されているんだと思います(;_;)

*2011年11月17日 追記
iTunesで字幕版の販売が再開されました。
字幕も直っているとのことです。

伏 鉄砲娘の捕物帳

予告編を見て、気になったので劇場に
足を運んでみました。
桜庭一樹さんの原作小説『伏 贋作・里見八犬伝』は未読です。

結果としては、自分的には結構当たりでした。

huse

ちょっと内容紹介しておきます。

山奥で一人で生活していた猟師の浜路は、
兄に呼ばれ江戸へと引っ越します。
で、江戸では人間と犬の血が混じった「伏」が
出没するようになっていました。
その話を聞いているときに、浜路は信乃という
白髪の少年と出会います。
その少年に江戸を案内してもらい、
そのおかげで浜路は兄の元へたどり着くことが
できました。
そして、再会した兄は浜路に伏狩りを提案します。
伏を狩ることで江戸幕府から多大な懸賞金を
もらえるからです。
次の日、浜路は男装をして伏を探しに行きます。
そして・・・

という感じにはじまります。

以下感想です。


続きを読む

ザ・マペッツ

映画館で観たかったのですが、
上映劇場が少なかったので
あきらめた作品でした。

やっと観れてうれしかったのと、
想像以上に面白い作品で、うれしさ倍増でした。

ザ・マペッツ

続きを読む

ダーク・シャドウ

ティム・バートン監督が好きなので、
鑑賞してみました。
僕にとっては、すごく消化不良な作品でした。

ダークシャドウ

続きを読む

ユニバーサル100周年と「よつばと!」

ユニバーサル100周年ということで、CMが発表されているのですが、
なぜかダンボーとのコラボとなっています。
個人的には「よつばと!」が大好きなので、
CMをみるたびにうれしくなってしまいます。

ダンボーを知らない方は、ぜひとも「よつばと!」を
一度読んでみてください。

CMは現在、2つ程公開されています。

1つ目は、「ジョーズ」です。



2つ目は、「E.T.」です。



音楽もほのぼのとした感じで、すごくいいですね。
次のコラボが楽しみです(><)

ロックスター

最近、トランスフォーマー4の主役に抜擢され、
話題となっているマーク・ウォールバーグさん主演映画です。
公開されたのは2001年の作品で、
80~90年代のヘビメタ好きな人にはおススメな映画です。

僕はそこまでヘビメタ詳しくないのですが、
劇中歌はかっこ良く、サントラが少し欲しくなってしまいました。

ロックスター

内容は、
ある大御所バンド「スティール・ドラゴン」の熱狂的なファン、
クリスが主役です。
クリスは熱狂的なあまりトリビュートバンド(カバーバンド)をしながら、
日々を過ごしていました。
ですが、真似事ばかりしていることにバンド仲間が飽きてしまい、
バンドからクビにされます。
その直後、「メインボーカルをやらないか?」と「スティール・ドラゴン」
から連絡がきます。
そして、憧れのスティール・ドラゴンのメンバーとなったクリスは
ロックスターとして活躍していますが・・・

続きを読む

猟人日記

ユアン・マクレガーさんが好きなので、
鑑賞してみました。
原作である「ヤング・アダム」は読んだことはありません。

つまらないわけではないのですが、
たぶん、小説を読んだ方が面白い作品だったと思いました。
というのも主人公の心情描写が話のメインだからです。
映画では俳優さんの演技だけになってしまうため、
描写不足を感じました。
ですが、決して演技が悪いわけではないと思います。
題材が難しいのだと思いました。

猟人日記

少し内容にも触れておきますね。
ある日、荷船で働く青年が若い女性の水死体を引き上げます。
それから、彼は欲望に身を任せ、荷船の船主の妻と関係を
持つようになります。
その後も複数の女性と関係を持つようになります。
ですが、なぜか彼は女性の水死体に関心を抱いています。
他殺か、事故か?彼の周りもその話題で盛り上がっていきます。
そして、ついに容疑者が裁判にかけられることになり。。。

ベッドシーンなどが多く、人と一緒に見ると
少し気まずい気分になると思うので、
鑑賞されるときは1人でみることをおススメします。
前半は少したるく感じましたが、後半のユアンさんの演技は
すばらしかったです。
ユアン・マクレガーさんがお好きな方は1度見てみても
よいかもしれません。

ルーパー - LOOPER -

ジョゼフ・ゴードンさんの主演最新作ということで、
紹介したいと思います。
共演は、ブルース・ウィリスさんです。

今回のジョゼフ・ゴードンさん暗殺者なんですが、
暗殺のターゲットが30年後の自分なんです。
で、その30年後の自分をブルース・ウィリスさんが
演じるというわけです。
ということは、
ジョゼフ・ゴードンさん=ブルース・ウィリスさんとなります。

これだけでも、おもしろそうじゃないですか?

ジョゼフ・ゴードンさんが、どうやってブルース・ウィリスさんの
若い時を演じるのか、期待でわくわくしてしまいます。
逆にブルース・ウィリスさんが、ジョゼフ・ゴードンさんよりの
演技をしていたら?とか考えてしまうともっと楽しそうだと思いませんか?

日本公開は、2013年1月12日となっています。

ロンドンゾンビ紀行 - Cockneys VS Zombies -

ちまたでは、ブラピ主演の「World War Z」が話題となっていますが、
自分的にはこっちが気になってるので紹介します。

ロンドンッ子&ロンドン年長者がゾンビと戦う映画です。
予告編を見た感じでは、「ショーン・オブ・ザ・デッド」に
近いコメディタッチのゾンビ映画みたいですね。
ホラーがだめな人にもお勧めできそうなゾンビ映画だと思います。
なので、カップルや夫婦でも観に行けてしまいそう。
年長者が銃をぶっ放すのを見るのは「ホット・ファズ」以来かとw

ゾンビとコメディが好きな人は観に行きましょ〜

日本での公開は2013年1月12日。
関東では「ヒューマントラストシネマ渋谷」で公開されます。
人気がでれば、もう少し公開劇場が増えるかもしれませんね。

予告編載せておきます。



しかし、最近はほんとにゾンビが人気ですね。
ちょっと驚いてます。
自分が高校生のときは、みんなそんなにゾンビ知らなかったのにw

テッド - ted -

この映画、今日知ったのですが面白そうです^^
マーク・ウォルバーグさんが主演で、
監督が「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」でヨハン・クラウスを
演じたセス・マクファーレンさんです。
この作品が監督デビューとのことです。

ted

ストーリーは、
少年の願いが叶いテディベアに命が宿り、2人は親友となります。
そして、27年後、少年は中年にテディベアも中身はおっさんに
成長していた。
そんな2人の友情と成長を描いた作品のようです。

日本での公開は2013年1月18日となっています。

予告編を載せておきます。

怪盗グルーの月泥棒の続編 - Despicable Me 2 -

予告編が公開され始めましたね。
前作は非常に面白く、六本木まで字幕版を観に行って
良かったと感じた作品でした。

「怪盗グルーの月泥棒」は、日本タイトルで
原題は「Despicable Me」でした。
日本語にすると「卑劣な私」とか、
そういう感じですかね。

前作のストーリーは、

盗みや嫌がらせをするのが大好きなグルーが、
ライバルの悪人を出し抜くために月を盗むことを計画します。
そのために必要な物体を縮小する銃「縮小ビーム銃」を
見事に盗み出しますが、ライバルに奪われてしまいます。
そのライバルから銃を奪い返すために、
ライバルの家にクッキー売りをしていた3姉妹を養女にし、
奪い返すことを思いつきます。
が、その3姉妹から懐かれてしまい・・・

といった内容です。
面白いですし、心温まるストーリーなので、
見ていない方は一度見てみてください。

今回の話はどのようなものなのか、
現時点ではわかりません。
公開も2013年夏ということ以外はわかりません。
というか、日本でも公開してくれるんでしょうか?

ですが、今回もミニオンズがかわいらしい(><)
これは歌っているだけの予告です。



で、最近公開されたのが下記の予告編。
ミニオンズが連れ去れてしまいます。
上空に。
エイリアンものなんですかね?
すごく気になります。



続報を期待してまっていたいと思います。

ニュージーランド航空の機内アナウンス 「ホビット」版

すごくよくできてるので、紹介したいと思います。

ニュージーランド航空の機内アナウンスが
「ロード・オブ・ザ・リング」の世界観仕様になっています。

機長がガンダルフであったり、ピーター・ジャクソン監督が
ちらっと現れたり、リンガーにはとても楽しい内容です。

個人的には、最初の扉がシャイア風になっているのが
お気に入りです^^

ゴーストライダー2 - Ghost Rider: Spirit of Vengeance -

マーベルヒーロー映画なので、紹介したいと思います。
日本でも、予告編が流れ始めたと聞いたのですが、
予告編であるシーンが米国版ではあったのに、
日本では流れていないということなので、
それを紹介したくて書いていますw

ゴーストライダーの知名度、日本では高くないみたいですが、
米国では結構人気なキャラクターです。
日本でも2007年に「ゴーストライダー」が公開されていました。
最近では、マーベルヒーローのチョコエッグにも
ランナップされているくらいなキャラクターです。

一応、簡単にゴーストライダーの説明をしておきます。

悪魔と契約したジョニー・ブレイズ。
契約したことによって、夜は燃え盛る炎をまとった
全身骸骨なゴーストライダーに変身してしまうように
なってしまいます。
ですが、ジョニーはその力を使って正義のために
戦うことを決意し、悪魔を裏切る。
といった内容です。
コミック版は下記のようなお姿です。

ghost rider

映画版でジョニー・ブレイズを演じるのはニコラス・ケイジさん、
今回も続投されています。
ただ、髪が1のときはフサフサしていたケイジさん、

ゴーストライダー1

今作では。。。

Ghost Rider: Spirit of Vengeance

きっと、ハゲしい戦いがあったために
抜けてしまったのですね(´。・ω・。`)

前作はお世辞にも面白いとは言えない作品でしたが、
今作はどうなんでしょうか。
予告編をみる限りでは、明るいシーンでの戦闘や
ド派手な演出が前作よりもおもしろくなってそうなのですが。
まぁ、期待して待ちたいと思います。
日本での公開日は2013年2月8日となっています。

で、紹介したかったのが、下記の予告編の最後です。
もうお馬鹿映画なんじゃないかと思ってしまうシーンですが、
実は大のお気に入りですw
炎の立ちション。是非、見てみてください。


シュガー・ラッシュ - wreck it ralph -

アメリカで公開されて、大ヒットとなっている。
「wreck it ralph」が気になるので、紹介します。
日本でのタイトルは「シュガー・ラッシュ」となっています。
公開日はちょっと離れてますが、2013年3月23日の予定です。

これはじめは、ベガやザンギエフ、ソニックが出るってことで
気になったディズニー映画でした。

wreck it ralph

日本ではAKB48が主題歌?で話題になっているみたいですが、
個人的には大好きなアーティストOwl Cityがテーマソングになっていたので、
そっちで大盛り上がりしています。
PV載せておきますね。
いい曲なので、一度みてみてください x)



さて、ストーリーなのですが、
1980年代のレトロアーケードゲーム『Fix-It Felix Jr.』の
悪役ゲームキャラクター、ラルフがヒーローになるために
別のゲームの世界を旅していくといった内容のようです。

で、迷い込む世界のひとつがレースゲーム『シュガー・ラッシュ』、
これが日本のタイトルになっているということは、
ここがストーリーのメインとなるのでしょう。
ちなみにヒロインであるヴァネロペは、このゲーム世界の住人のようです。

ラルフの声は、僕が好きなジョン・C・ライリーさん。
「シカゴ」でレネー・ゼルウィガーさんの旦那さん役を
やっていた人です。
他にはウィル・フェレルさんと共演した「俺たちステップ・ブラザース -義兄弟-」や
最近では「おとなのけんか」に出演されています。
個人的にはすご〜くいい感じだと思いました。
キャラクターと声があっているなぁと。

ディズニーが描くゲームの世界というだけでも楽しそうなのですが、
主演が好きな俳優さんとなったら観るしかないと思っていますw

気になった方は是非、下記の予告編を観てみてください。
日本語の予告編を観たい方は「シュガー・ラッシュ」で検索してみてください。



スターウォーズ EP7

スターウォーズファンとしては、
やっぱり無視している状態は辛かったので、
いまのところの情報をまとめてみました。

しかし、ほんとにルーカスさんも思い切ったことを
やってくれますね〜。
わくわくと不安が止まりませんよw

というわけで、以下からまとめです。

続きを読む
プロフィール

negyu1220

Author:negyu1220
おはようございます、
こんにちは、
こんばんは。

よく映画を見る人生なので、
感想文や紹介文を
書いてみています。

たまに自分のことも書きます。
プロフィール的なものは
カテゴリの
「自分について」を
見てください。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセス数
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR