FC2ブログ

はじまりのうた

すっごく久しぶりになってしまいました。
何回か更新しようと思っていたのですが、重い腰が上がらず機会を逃していました。。。

が、素敵な映画なのに上映館が少ない作品だったので、こうしてブログを更新している次第であります。

はじまりのうた

鑑賞した映画はタイトル通り「はじまりのうた」です。
監督は「ONCE ダブリンの街角で」のお方で、前回は音楽と男女の微妙な関係を描いた
素敵な映画でした。
今回もやっていることは同じですw

なにが違うというと、豪華になり、ポップでわかりやすく前向きな映画になっているところだったと
思います。

1.豪華になったことについて
まず、主演が豪華w
マーク・ラファロさんにキーラ・ナイトレイさん。
助演にマルーン5のボーカル アダム・レヴィーンさん(彼はノーギャラ出演)
そして、久しぶりに見るモス・デフさんw
相変わらず、いい味だしているお方でした。

2.ポップでわかりやすく前向き

前回は深夜のスタジオにこもりっきりでCD作成していました。
今回ははNYのいろんな路上でレコーディングするという暴挙にw
周りの人も混ぜて作ってしまいます。
な、なんて素敵なレコーディング!と思ってしまいました。

そして、曲も明るくポップなんですよ。
歌詞は切ないのですが、それを前向きに歌っているので悲しい涙というよりも
人の強さをみて感動した涙をながしてしまう感じでしたね。
(わかりにくい表現で申し訳ないのですが。。。)

そして、キーラ・ナイトレイの可愛らしいファッション!
久しぶりに可愛いなぁ、なんて考えて鑑賞していました。

ラストもせつな〜い感じなんですが、なんとも明るい未来が待っている演出で。
あ、こういう終わり方にするんだな、とちょっと意外でした。

というわけで、ちょっとリスタートしたいな〜と思っていた時期に
ぴったりな幸せな映画でした。
みなさんも何か新しいことがしたい、ひとつのことが終わりを迎え途方に暮れてしまった、
そんなときに鑑賞してみると、ちょっと幸せに前向きになれると思いますよ。

[予告編]
スポンサーサイト



アナと雪の女王

3D字幕版を見てきました!
さすが、ディズニー!!
といった映画でした(*^^*)

【予告編】


ストーリーは「雪の女王」を基にしているらしいですが、
そんな影はみられず。
ほぼオリジナルだったようなw

で、今作はストーリーよりも歌、曲を楽しむための作品だったと思います。

いまのところ、
ストーリーを楽しみたい→ボルト
魔法と夢、恋を楽しみたい→ラプンツェル
魔法と曲を楽しみたい→アナと雪の女王
といったオススメな感じです。

音楽と恋愛を楽しみたいという方は「プリンセスと魔法のキス」をオススメします。
というか、CGでないプリンセスものの最後だったので、是非見てくださいw

で、話を戻しますが。。。
やっぱり、なんといっても「Let it go」が素晴らしい!!!

【Let it go】


歌詞も素晴らしければ、映像も素晴らしい。
足ドン!氷の宮殿ブワーが最高です!
そして、なによりもイディナ・メンゼルさんの歌声が。。。
映画館でホロリとしてしまうくらいに感動しました。

イディナ・メンゼルさんって、誰?
と思っている方はひとまず、映画「レント」を鑑賞してください。
そして、そのあとにブロードウェイ版の「ウィキッド」を検索してください。
というか、大好きな曲があるので載せておきます。

【Defying Gravity Tony Awards】


念のために書いておきますが、緑色の魔女のほうですからねw
というわけで、舞台で活躍されている実力派な女優さんなのです。

ちなみに最近ハマっている「Glee」にも数回出演していて、
レディガガの「ポーカーフェイス」を歌っていたりもします。

万人にオススメできる娯楽作品だったと思います。
「子供、女の子向けだろ?」と考えている方にこそ、
見て頂きたいなぁ。。。なんて思いもしましたw

ONCE ダブリンの街角で

今更ですが、休日の朝に見てみました。
素晴らしくて、サントラをすぐに借りてきました!

【予告編】


ラブストーリーと予告編では言っていますが、僕は恋愛とは違った気がしました。
お互いの寂しさに惹かれ合って、それを埋めることができる存在に出会い、
心を通わせた男女。
これだけ書くと恋愛ものですが、なんだかしっくりこないのです。
お互いにもう心に決めている相手はいて、その人とは会えない状況。
その状況下から抜け出すために必要な存在だったのだと思う。

本編のあとにどう発展していくのかは、見た人まかせな作品です。
僕はこれが一時的な深い関係で、恋愛に発展することはないと感じました。
特に女性は迷いはあるものの決めていたし、男性はそれを無理に壊すようなことを
しない人だろうから。

お互いのことは好きだし、発展させみたいと考えている場面はありましたが、
仲が良い人たちで「もう一緒に住んでしまおうか?w」と会話している感じかと。

まぁ、壮大な話ではないので、ストーリーはこんなものですかねぇ。

で、音楽。。。
素晴らしくて、サントラ聞いていたら泣きそうになりました。
第80回アカデミー賞歌曲賞に選ばれたのも納得でした。
静かな情熱を感じる曲はどれも素晴らしくて。
とりあえず、受賞曲を貼っておきます。

【Falling Slowly】


サビの歌詞がすごく気に入りました。

"Take this sinking boat and point it home
(この沈みかけたボートで家に向かおう)
We've still got time
(まだ時間は残っているからさ)
Raise your hopeful voice you have a choice
(キミが選んだ道だから、希望の声を上げよう)
You'll make it now"
(きっとできるはずさ)

これを読んでも、普通な歌詞だと感じると思います。
が、劇中で聞くと胸がジーンとしますよ。

ヌイグルマーZ

「大槻ケンヂさん」・「井口監督」・「高円寺」が気になっていたのと、
たまたま見たい人と予定があったので一緒に鑑賞してきました。
しょこたんについては詳しくなかったのですが、
ヌンチャクさばきが格好良過ぎて、正直焦りましたw

【予告編】


えっと、鑑賞前は『女性が見ても大丈夫なものか?』と疑問に思っていたのですが、
今回は大丈夫かと(^^;)
「片腕マシンガンガール」より、エログロ抑え気味だったので。
でも、エログロを笑いにできない女性とは行くべきではないですかねw

で、内容は素晴らしい特撮ヒーロー映画でしたね。
「電人ザボーガ」が素晴らしかったので不安はなかったのですが、
期待以上の作品でした。

電人ザボーガでは出すことができなかった要素がこの作品では表現されていて、
笑いつつもジーンと感動してしまう場面も多々ありました。

「ヒロインじゃなくて、ヒーローになれるの?」

この一言がやたらと印象深かったです。

女性を主役にしたものは、やっぱり「ヒロイン」になってしまう。
「ヒロイン」ではなく、「ヒーロー」に憧れる主人公。
どうやって、「ヒーロー」にするんだろうと考えながら見ていました。

鑑賞途中から、僕の中でヌイグルマーは「ヒーロー」でした。
ヒーローは強く、自分を犠牲にして守ってくれる。
そして、優しく人生の道を示してくれる存在。

ヌイグルマーはダメなところをたっぷりと見せてくれたので、
より一掃ヒーローする瞬間が格好良かったです。

なんだろうな、やっぱりしょこたんの力なのだろうか?
普通に昭和特撮の主人公みたいに見えてきたんですよね。
まぁ、もう一回みて確認してみたいです。

大槻ケンヂさん・井口監督・高円寺を好きな方は、
迷うことなく劇場に足を運ぶべき作品かと思います。
いろんな小ネタもあり、クスッとしてしまうところがたくさんありますよ!

といううわけで、2014年初映画館は大満足でしたね(>v<)

ガーディアンズ 伝説の勇者たち

日本未公開のCGアニメ映画です。
最近「パシフィック・リム」が人気なギレルモ監督が関わっています。

【予告編】


上記の予告編は日本語吹き替えですが、
キャスティングがやたらと豪華な作品です。

主役のジャック・フロストはクリス・パインさん。
最新のスタートレックでカーク船長を演じている俳優さんですね。
サンタはアレック・ボールドウィンさん。
イースターバニーはヒュー・ジャックマンさん。
トゥース・フェアリーにはアイラ・フィッシャーさん。
そして、敵役にはジュード・ロウさん!

みなさん演技が上手でそれだけでも楽しいですが、
夢の砂やカメラワークなどが素晴らしいアニメでした。

キャラクターはイースターバニーが好きでしたね。
(ヒューさんが演じていることも多分にありますがw)
いかつくて悪そうなのに、ちょっとしたことにビビる姿は可愛らしいです(^^)

妖精やサンタ、それらを信じることで生まれる夢。

大人になって信じている必要はないと思いますが、
子供時代には必要なことだったなぁと感じました。

そういう空想というか、妄想というか、信じる力って大人になってから必要で、
いろんなことを考えるためにも子供たちには楽しい不思議を信じさせてあげたいですね。

しかし、日本はアニメとか漫画が好きな人が多いのに、
古くから伝わる伝説をアレンジして作品にすることが少ないですよね。
無理矢理にオリジナルをつくるよりも古くから伝わる大事なことを
現代風に解釈した一般向け映画をつくってもらいたいですね。

プロフィール

negyu1220

Author:negyu1220
おはようございます、
こんにちは、
こんばんは。

よく映画を見る人生なので、
感想文や紹介文を
書いてみています。

たまに自分のことも書きます。
プロフィール的なものは
カテゴリの
「自分について」を
見てください。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセス数
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR